FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

思わぬ減量効果

IMGP6657_サイズ変更
新疆ウイグル自治区の大盤鶏という鶏鍋 (2012年10月)




最近、体重が少し減りました。ダイエットをしているわけではないのですが、夫も私も減っています。
腹八分目と言わず、毎食おなかいっぱい食べているので何故だろうと考えてみると、これは多分、鍋の効果ではないかと思われます。寒くなって、我が家では毎晩お鍋をしています。最後は雑炊にすることが多く、ごはんを食べる量が以前の半分になりました。油を摂る量もぐんと減ったし、肉の量も減りました。しょうがやねぎ、にんにく、唐辛子など、体を中から温める食材をたくさん入れるので代謝も良くなります。


ダイエットに効果的な食べ方として、まずは野菜を食べ、次に汁物、次におかず、最後にごはん、という順番がいいと言われますが、お鍋だとその食べ方が自然に出来ます。
これはつまり、野菜→タンパク質→炭水化物の順に摂っていくと良いということですね。ごはんなどの炭水化物には糖質が多く含まれていて、空腹の状態でこれを摂ると血糖値が急激に上がってしまいます。血糖値が上昇するとインシュリンが分泌されます。このインシュリンが多いほど体脂肪の蓄積を促進するということなので、先に食物繊維やタンパク質や脂質をとっておくと、それらがブドウ糖の吸収を緩やかさせるというわけです。野菜でも糖質の多いじゃがいもやにんじんなどは後のほうがいいですね。


今回、血糖値のことを調べていたら、グリセミック指数(GI値)というものを知りました。これが高いほど血糖値が早く上がりやすい食べ物になります。精白米やもち・うどんがGI値85以上に対して玄米だと55です。パスタは65でそばは54でした。鍋の最後に玄米で雑炊っていうのは理想的だったんですね。


他に体重が減った理由として考えられるのは、甘さ控えめの手作りおやつですね。我が家は甘いもの好きで、作業の合間の小腹が空いときや夕方4時ごろにはおやつを食べています。旅に出る前は市販のお菓子をよく食べていましたから、糖分も脂質も摂りすぎだったと思います。手作りのお菓子も、レシピ通り作ると甘すぎてしまうので、私はいつも砂糖を2、3割減らして作っています。


そして重要なポイントが竹根掘りじゃないかと睨んでいます。毎日、午前中は目いっぱい竹根と格闘していますからね、地味ですけど結構な運動量ですよ。竹根を抜くために押したり引いたりしますから、実は全身の筋肉を使っていると思われます。
数日前、竹根を抜こうとして思い切り引っ張ったら、その根が折れて、そのはずみで勢い良く後ろに倒れてしまいました。運悪く、倒れたところに膝くらいの高さの竹の切り株が立っていて、そこに脇腹を強打してしまいました。声が出ないほど痛くて、しばらくうずくまって動けないほどでした。痛みが治まってから作業再開したのですが、力を入れると痛むのでその日は作業中止しました。それから3日経ちますがまだ痛みがあるんですよね。ラジオ体操は一応やってますが、曲げたり反らしたりができません。笑ったり、咳きしたり、もちろんクシャミも、痛くてできません。寝返りをうつのも一苦労です。腫れているでもなく、アザになっているでもなく、骨にも異常ないようですが、こんなに痛いのは今まで経験がありませんね。でも、だいぶ良くなったので、今日からまた軽く作業を始めようと思っています。竹根掘りエクササイズ、実は危険ですから皆さんもお気を付けくださいね。


IMGP6658_サイズ変更
〆にはうどんを投入してくれる。  新疆ウイグル自治区にて(2012年10月)


旅の記録はこちら なかっぴー通信
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。