FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

エジプト国民食・コシャリ

IMGP6972_サイズ変更
雪が積もった中央アルプス。右が空木岳。午後には雪は消えてしまった。  (2013年11月)



昨日の朝、霧が晴れてみると、中央アルプスには雪が積もっていました。庭の作業中に目を上げると、快晴の下に雪のついた山が見えます。作業の手が止まってしまいますね。午後にはほとんど融けて消えちゃってましたけど。


しばらく買い物に行かないでいたら、冷蔵庫が空っぽに近い状態になってしまいました。ストックされていたものは冷凍ミニトマト、冷凍バジル、冷凍栗、冷凍おから、マーガリン、梅干くらいでしたね。それでも、じゃがいも・玉ねぎに加え、缶詰数種類(ツナ、鮭、トマト水煮、ひよこ豆、あずき、みかん)もありましたし、米はもちろん、乾麺(パスタ、ラーメン)もありましたので、まだ数日は食いつなげそうでした。


この食材で何作ろうかなと考えて、思いついたのはエジプトでよく食べた「コシャリ」です。
試しにクックパッドで検索してみたら、たくさんのレシピが出てきたので驚きました。タコスとかチャパティも作ってみたいと思い検索したら、これまたたくさんのレシピがありました。ラグマン(中央アジアのトマトスープのうどん)もフリホーレス(中南米の煮豆)もありました。ないものはないかも知れません。グローバルですね。


コシャリの作り方は簡単です。
必要なものは、ごはん、ゆでたパスタ(マカロニとスパゲティ)、ゆでた豆、トマトソース、フライドオニオン。ごはんとパスタを軽く混ぜてどんぶりに入れ、豆とフライドオニオンをのせ、トマトソースをかけたら出来上がり。トマトソースは辛くしてタップリかけるとおいしいです。お店には唐辛子とにんにくを漬けたお酢(多分)が置いてあり、お好みでそれを振りかけていただきます。エジプトは油っこい食事が多かったので、このコシャリはあっさりしていて口に合いました。
エジプトのお米はパサパサ米なので、日本の粘りのあるお米で作るなら硬めに炊いたほうがいいですね。うちは玄米なので歯ごたえがコシャリ向きのような気がします。米を炊くときに油と塩を入れました。


エジプト出身の力士・大砂嵐が入幕しましたね。大砂嵐もたまにはコシャリ食べてるんでしょうか。大砂嵐は4月から大学へ通うそうです。なんとそれが東京国際大学。何を隠そう、そこは私の出身校です。
大相撲11月場所は明日から始まります。早いですよね。
先場所、途中からケガで休場してしまった琴欧洲が心配です。頑張って欲しいですね。琴欧洲のブログ、ほのぼのとしていていい味出してますよ。
ちゃんこ鍋とヨーグルトって意外と合うんです


これからしばらくは、旅で食べた美味しかったものを家で再現してみようと思っています。レパートリーが広がりそうです。


なかっぴー通信  エジプトの記録


コシャリ_サイズ変更
本場のコシャリ。とってもおいしい。  エジプト・カイロにて(2010年5月)
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。