FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

ストーブを考える

IMGP9713_サイズ変更
暖炉でぬくぬくと暖まる猫  アルバニアにて(2011年2月)


私は毎朝、電気と水道のメータをチェックしています。一日どのくらいの電気や水道を使っているのか気になって確認するようになり、それが毎朝の習慣になっています。今は明るくなった6時ごろ見に行きます。今の季節はその時間、ちょうど太陽が伊那谷を照らし始めます。中央アルプスの稜線に朝一番の日が当たり、朝日で赤く染まった山々はとても綺麗です。


だいぶ寒くなってきました。みなさんはもうストーブとか出しているでしょうか。うちはまだです。まだそこまで寒くないですね。
我が家にある暖をとる道具は以下の通りです。
1・石油ストーブ・・・夫が一人暮らしのときから使っていたもの。
2・電気ストーブ・・・私が実家で使っていたもの。
3・電気カーペット・・・アパートにいるとき使っていたもの。
4・電気こたつ・・・私たちの留守中に夫の両親が持ってきてくれたもの。まだ使っていない。
5・火鉢2個・・・自分たちで購入したものと知人からもらったもの。
6・湯たんぽ・・・直火にかけて温められる鉄製のもの。主に私が使っている。


私は子どものころから焚き火が大好きでした。火を見ていると飽きませんよね。子どものころは家のゴミは庭で燃やしていましたから、主に日曜日にやっていたゴミ燃しも大好きでした。
かまどや囲炉裏にも憧れましたが、我が家ではちょっと無理です。火鉢ならどこにでも置けて炭火が楽しめると思って、越してきた最初の冬は主に火鉢で暖をとっていました。まあでも火鉢って、近くにいれば暖かいんですけど、離れてしまうとあまり暖かくないんですね。それに結構灰が飛びます。


いいなと思うのは薪ストーブですね。越してきたばかりのころ、うちも薪ストーブを置こうかと話していたことがありました。部屋のこのあたりに置いて、煙突はこのへんから出して、などと具体的に考えていたのですが、そうこう言っているうちに冬は終わり、その年の秋に旅に出てしまい帰ってきたのは初夏。薪ストーブはないまま今に至っています。
寒~い冬、家の中で薪がパチパチはぜるのを聞きながら読書をしたり、ゆらゆら揺れる炎を見ながらお酒を飲むなんて、一日の終わりとして最高ですよね。
旅の途中でお世話になったお家でも、薪ストーブを使っているところが多かったです。


ただ、ですね、薪をどうするかっていうのが問題ですよね。
例えば自分で山を持っていれば木はあるわけですが、それを薪にするのは大変な作業ですよね。薪は干さなきゃいけませんから時間もかかります。かといって薪として売られているものは高いですね。森林組合で軽トラック一杯の間伐材が数千円だったと思うのですが、どんな状態の木なのか、それでどれくらい持つのかはちょっとよくわかりません。薪を置くスペースはたくさんあるんですけどね、うち。


クロアチアを自転車で旅しているとき出会った人が、私たちをブドウ畑の中の小さな小屋に案内してくれました。ここに泊まっていいというのです。ここのブドウで作ったワインは飲み放題という夢のような環境で、12月の寒いときだったのですが小屋の中には薪ストーブがあってポカポカです。春になるまでここにいれば、なんて言ってくれたので、私たちもなかばその気になりかけていたのですが、数日経って「実はもう薪がない。買ってくればあるんだけど」と言われて、なんとなく気まずい空気になってしまったという、ちょっと苦い思い出があります。


ペレットストーブというのがあります。ペレットは間伐材やおがくず、かんなくずなどを圧縮して作っていて、捨てられてしまう木材を有効利用できるというものです。
このストーブは電気で着火するようですね。薪ストーブのように炎を見ることもできますし、天板で料理ができるタイプもあるようです。
私たちの村では、ペレットストーブを購入すると10万円の補助金が出るとのこと。軽く調べてみましたが、ペレットストーブは40万円~50万円くらいします。10万円の補助金が出ても30万円・・・ちょっと私たちにとって現実的ではないですね。薪ストーブなら1万円くらいからありますね。耐久性はわかりませんけど。


まあとにかくそんなわけで、とりあえずしばらくは薪ストーブを妄想して過ごすことにします。


IMGP8765_サイズ変更
炭火で蒸した肉のかたまりをいただく。後ろにあるのが薪ストーブ  クロアチアにて(2010年12月)


P1120641_サイズ変更  P1120590_サイズ変更
くるくる巻毛のクロアチア犬ルディ。後ろ姿もキュート。(2010年12月)


なかっぴー通信 クロアチアの旅の記録
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。