FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

2年寝かせた自家製しょうゆ

IMGP9329_サイズ変更
自家製しょうゆに生卵、とろろ、雑穀ごはん。奥に見えるのはかきあげです。


先日、熟成させていた自家製しょうゆを搾りました。2016年4月に仕込んだものですから、2年強寝かせていたことになります。

初めておしょうゆを仕込んだのは2016年の3月。このときは納豆菌が繁殖してしまいました。(そのまま仕込んで、一応しょうゆになりました。納豆風味の。苦笑)
その失敗を踏まえて、同じ年の4月に仕込んだものはとても上手にできました。その後は櫂入れをしつつ熟成させていくのですが、櫂入れを忘れることが多くてこの1年は数ヶ月に一度程度。長く櫂入れをしないでいると表面が産膜酵母で真っ白になってしまいます。沈めてしまえば問題ないようなのですが、量が多いと流石に躊躇してしまい、表面の白いところはできるだけ取り除きました。

仕込んでから約1年後、初めて仕込んだおしょうゆを搾ってみました。一応しょうゆにはなっているものの、そのまま納豆やお豆腐にかけて食べるには塩気が強すぎるようでした。でも煮物に使うととても美味しかったですよ。
そして今回、2016年4月に仕込んだ出来の良いおしょうゆを搾ってみたところ、塩気が強すぎるということはなく、まろやかな味に仕上がっていました。前回搾ったおしょうゆは熟成が足りなかったのだと分かりました。

どうして2年寝かせていたのかというと、搾ろう搾ろうと思いつつ億劫で後回しになっていて、気付いたら2年以上も経ってしまっていたということです。2年寝かせようという意図があったわけではありません。笑
今回搾ったおしょうゆ、とっても美味しいんですよ。火入れをせずに生のまま、納豆、生卵、とろろ、お豆腐などにかけて食べています。ごはんやお豆腐が飲み物のようになってしまうので危険ですけど、なんとも言えない幸せを感じます。

大豆400g、小麦400gで仕込んで、約1リットルのおしょうゆができました。そして約700gのもろみもできました。
もろみは、そのままごはんに載せて食べたり、納豆に入れたり、野菜を漬けてみたり、、、いろいろ試してみたのですが、どうも「これ!」という食べ方が見つかりませんでした。

自家製味噌がなくなってしまったので市販の味噌でお味噌汁を作ったら、なんだか味が物足りなく感じました。そこでもろみを隠し味で加えてみたら、手作り味噌のような味になって美味しい。味噌大さじ3に対してもろみは小さじ1くらいの割合です。

今年はなんとなく気分が乗らなかったので、しょうゆを仕込みませんでした。(味噌はたくさん作りました。)やっぱり仕込めば良かったなぁと、ちょっと後悔しています。今からやろうかなぁ、でも忙しいからなぁ、、、、さて、、、。

IMGP9315_サイズ変更 IMGP9314_サイズ変更
2年寝かせた自家製しょうゆ。

IMGP9318_サイズ変更 IMGP9316_サイズ変更
(左)搾れました。味も香りもおしょうゆです。(右)去年(2017年)仕込んだおしょうゆ。熟成中。

おまけ
IMGP9357_サイズ変更
庭ではいちごが赤くなりました。(2018年5月20日)

関連記事
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

お醤油が作れるって凄いですよねぇ。
万能調味料ですもんね。
2年も寝かせる、、、凄いなぁ。
でもきっと昔の人はそうやって使っていたんでしょうね。
お味噌にお醤油、昔の人の知恵は凄いものですね。

あ、うちのイチゴもそろそろ赤くなり始めています。
  • posted by ハチママ 
  • URL 
  • 2018.05/27 08:51分 

NoTitle 

ハチママさん
手作りは手間がかかって面倒なところもあるけど、やっぱり美味しいです。
自分で作ってみると、昔の人の凄さがわかって感謝や尊敬の気持ちが湧いてきますね。
いちごの出来はどうですか?我が家は今年は不作です・・・
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2018.05/28 04:58分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。