FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

かめの一年 ~我が家の生き物図鑑・クサガメ~

IMGP7399_サイズ変更
暑くてダレているかめ。(2017年8月)

IMGP7751_サイズ変更
エサ待ち顔のかめ。(2017年8月)


去年の秋、我が家にやってきて冬を越したかめ。今年の春、庭に造ったカメ池で暮らし始めました。
そのころは人の姿が見えるや否や、素早く水の中へ逃げてしまい姿を見ることがほとんど出来ませんでした。カメ池は玄関の正面にあるので、玄関のドアが開くとすぐに池へ飛び込んでしまいます。かめの様子が気になるので、カメ池が見える部屋の窓からこっそりと双眼鏡で観察してました。

IMGP6920_サイズ変更
ここからこっそり、双眼鏡で観察してました。(2017年6月)

その後、少しずつ慣れてきて、時々は姿を見ることができるようになりました。が、近付いたり、じっと見たり、写真を撮ろうとするとすぐさま逃げてしまいます。仕方ないので、かめが上陸しているときは、なるべくかめの方を見ないようにカメ池から離れたところを歩いたり、かめに無関心だという態度をとっていました。すると、徐々にかめが逃げなくなり、近くを通っても平気になり、写真も撮れるようになりました。私たちのことを「特に害のない生き物」だと認識したようです。もしくは「気付かれてない」と思っているのかもしれません。笑

カメ池には雨どいから雨水が入る仕組みになっていますが、暖かくなってくるとボウフラがわいてしまいます。ボウフラ対策で数年前から飼っていた金ちゃん(小赤)が死んでしまったため、新しく買ってきた小赤を10匹放しました。
その小赤が、日に日に減っていくような気がしていたある日、夫が死んで浮かんでいた小赤を食べているかめの姿を目撃しました。「結構衝撃的だったよ」と言う夫。見ていない私は「ふーん」くらいにしか思いませんでしたが、、、

その翌日。何気なくカメ池を覗き込んだら、なんとかめがケロを食べている!!!ケロはもう死んでいましたが、かなり衝撃的な絵でしたよ。(水が半分くらい溜まったたらいで、上陸できるところがないとケロが溺死していることが度々ありました。実はケロは深い水場が苦手です。)ケロを食べているところを見たのはこの一回だけ。さすがにケロだって、かめに捕まるほど鈍くはないようです。
死んでカラカラに干からびていたケロを見つけたので、カメ池の中へ入れてみました。干からびたケロは水を吸って、元に近い姿に戻り、それをかめが少しずつ食べてました。さすがにちょっと硬かったらしく、食べるのに時間がかかっていましたよ。

IMGP7444_サイズ変更
寛ぐかめ。(2017年8月)

カメ池の中には藻が生えてきます。その藻を食べてもらうために「カワニナ」という巻貝を近くの小川で捕まえてきました。それをカメ池に放したら、かめが近寄ってきてカワニナに「ガブリ!」
図鑑によるとクサガメは貝や甲殻類を好むとのこと。「巻貝は殻ごとバリバリ食べる」と書かれていますが、我が家のかめはまだ小さくて殻ごとは食べられないらしく、中身だけ食べて空になった殻はぷかぷか浮いています。
カワニナが藻を食べるより先にかめがカワニナを食べてしまうので、カメ池の中は相変わらず藻だらけです。

川で捕まえてきた小魚やドジョウをカメ池にいれてありますが、さすがにかめにはなかなか捕まえられない様子で共存していますよ。弱ったものは時々かめに食べられてしまうようです。

庭で捕まえたアオムシやナメクジ、カタツムリも食べます。カタツムリの殻はやはり食べられないようです。カタツムリをくわえている姿はロールパンを食べているみたいでした。近くの藪へ行って捕まえたフトミミズや、ミミズコンポストの中に発生したコウカアブの幼虫など、かめは喜んで食べます。

かめにエサをやるようになって1週間くらい経ったころ、かめが池から顔を出してエサを欲しがるようになりました。夫がカメハウスのネットを外し始めると、かめは水から上がって来て「早く早く」と催促しているようです。クサガメはなつくと聞いていましたが、こんなに早く慣れるなんて。いやー、可愛い。

かめ劇場・・・カメハウスのネットを開けるとかめが顔を出します。
IMGP7483_サイズ変更 IMGP7484_サイズ変更
もしかしてエサのじかんですか?

IMGP7485_サイズ変更 IMGP7486_サイズ変更
よいしょ、よいしょ。ちょっと待っててくださいね!

IMGP7487_サイズ変更 IMGP7489_サイズ変更
準備完了です!


夏の間は食欲旺盛で、やればやるだけ食べるといった感じでしたが、秋になり気温が下がってくると食欲がガクッと落ちました。エサは食べないけれど、盛んに水から上がってカメハウスの中を動き回っていました。冬眠できる場所を探していたのかもしれません。

11月に入るとかめの姿を見なくなりました。水の中にいるのか、陸上の石で作ったトンネルの中にいるのか、どこにいるのか分かりません。かめが少しでも快適に冬眠できるように、カメハウスには落ち葉をたくさん入れておきました。来春、かめと再会できるのかしら。無事、冬眠から目覚めてくれますように・・・。
とっても心配ですが、でも実は、人間が思っているほど自然界の生き物は弱くないんですよね。今年の春、かめは自分からちゃんと起きてきたし、カメハウスでもうまくやっていたようだし、気温の変化を自分で感じてエサを食べなくなりました。
かめのことを信じて、、、来春を待ちます。

IMGP8136_サイズ変更
ツユクサと戯れるかめ。(2017年10月)

IMGP8137_サイズ変更
急な石垣も登ることができます。(2017年10月)

IMGP7311_サイズ変更
夏のカメハウス。

IMGP8227_サイズ変更
晩秋のカメハウス。

おまけ: ケロいっぱいの木。(2017年7月)
IMGP7313_サイズ変更


関連記事
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

あはは 

亀太郎めちゃかわいいー。
エサの時間にちゃんと来るんですか?
子供の頃、亀飼ってたけど
意思疎通した思い出はないです。
へぇ、、かわいいですねぇー。
あたしも夏にハムとかいっぱいあげて
パクッと食べるのが可愛くてやりすぎてました。
冬眠してるんですかねぇー今。
  • posted by ハチママ 
  • URL 
  • 2017.12/20 01:27分 

NoTitle 

ハチママさん
いや、ほんと、可愛いですよ。こんなに慣れるなんて思いませんでした。半野生なんで、、、
ただ、寄ってくるのはエサ欲しいときだけで、そうじゃないと素早く逃げちゃったりして、私たちのことを都合よく使ってるみたいです。笑
冬眠してると思うんですが、どこにいるのか全くわからない状態です。この辺の寒さに耐えられるのか、とっても心配。
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2017.12/20 04:43分 

NoTitle 

自然の摂理とはいえ
ケロを咥えた(頬張る?)図・・・・
う~ん・・・・・・(-_-;)

とりあえずしっかり食べて?冬眠態勢には入ったのかな
友達のところの(カメ吉)は今年の春になかなか起きなくて心配したようですが、この冬は寒いみたいやし長々と眠るんかなぁ??
  • posted by 沙羅. 
  • URL 
  • 2017.12/22 00:09分 

NoTitle 

沙羅.さん
そうなんですよねぇ、ケロを食べてるところを見てしまったときは私もドン引きで・・・・・あれは溺れて死んでたケロなんだと思い込むようにしました。
庭でケロがヘビに連れ去られるところを目撃したことありますよ。
ここの冬は長くて寒いのでほんと心配です。一年の半分は冬眠してるんだから凄いですよね。
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2017.12/22 04:52分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。