FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

庭に水が湧いたらいいな

IMGP7130_サイズ変更
水浸しになっている我が家の庭。(2017年6月)

今朝はようやく雨になりました。もう13日も雨がなくて畑はカラッカラです。何もかも枯れてしまいそうでした。ありがたい雨ですが、大雨で災害が起こる危険もあるようです。みなさんもお気をつけください。


さて、10日ほど前のある朝のこと、ピンポーンと玄関チャイムが鳴りました。出ると、我が家の隣にある小さな柿畑の持ち主さんでした。
何事かと思ったら、柿畑の端っこから水が出ているということでした。一緒に見に行くと、畑の隅にもぐらの穴のような小さな穴が開いていて、そこから水がちょろちょろと流れ出ています。そしてその周辺は水浸し。

実は我が家の庭も一部、常にジメジメしていて水がなかなか引かないところがありました。柿畑のすぐそばです。
柿畑の持ち主さんは、「この畑から出てきた水が庭の方へ浸み出ているんじゃないか。悪いね。」と申し訳なさそう。そして「水が出ているところに溝を掘って、道路脇に通っているU字溝へ流れるようにする」ということでした。
持ち主さんが家に帰って、おじいさんに水のことを話したら、その辺には水道管が通っているのでやたらに掘らないほうがいいと言われたそうです。持ち主さんが役場の水道課に連絡をして検査をしたら、それは見事に水道水だということがわかり、すぐに補修工事をして水は止まりました。さすがおじいさんですね。

これで我が家の庭のジメジメも解消すると喜んでいたら、いつまで経っても水は引けません。それどころか水が増えているような感じさえします。以前、このジメジメしたところに木の枝をたくさん敷き詰めてしまったので、地面がどうなっているのかわかりません。
休みの日、夫と二人で水浸しになっている周辺の草刈りをして、敷き詰めてある枝を全てどかしてみることにしました。

草はぼうぼうだし、チクチクくっつく草の種があるし、湿地帯のようになっていてグチャグチャだし、枝がたっぷり敷いてあるのでどかすのがとにかく大変でした。大きなフトミミズが出てきたり(→かめのエサ)、イモリがいたり(→かめ池へ引っ越し)、トノサマガエルが遊びに来たり、水があると面白いですね。
そしてようやく地面が見えてくると、地面から水がこんこんと湧き出ているところを発見しました。かなりの量で澄んでいてキレイな水です。
土曜日だったので、とりあえず泥で小さな堰を作り、水が庭中に広がらないようにしておきました。

これが湧き水だったらいいねー、そしたらここ掘って池作って、小川を作って沢まで流れるようにして、かめを庭で放し飼いにできるかもしれないねー、なんて、夫と夢を話し合って楽しみました。水道管が通っている真上ですから、絶対にそれは有り得ないんですけどね。

月曜日になって、役場に連絡をするとすぐに水道課の人が見に来てくれました。検査をしたのですが、塩素反応がほとんど出ません。え、まさか湧き水?(喜)と思ったのですが、少しだけ塩素反応が出ているし、もう10日間も雨が降っていないのにこんなに水が出るわけがない、ということで、水道の設備屋さんが来て補修工事に入りました。
重機が入れないところなので、設備屋さんは全て手作業。滝のように汗をかきながらひたすら掘っています。最高気温が30℃以上になった日です。お疲れさまです。でも我が家の庭は木陰なので、炎天下よりずっと涼しいんですよ。

IMGP7119_サイズ変更 IMGP7144_サイズ変更
(左)上の丸いところと左下から水が湧き出ています。(右)ちょっとわかりにくいですが、やっと出てきた水道管。

水道管は思ったよりもずっと深いところ(1mくらい?)に埋まっていました。その水道管から「シューーー!」という音を立てて勢いよく水が噴き出していました。30分ほど断水して工事はあっと言う間に終了。
水道管の周りには砂を入れ、その上に土を入れて、キレイに埋め戻してありました。漏水の原因は管の老朽化とか、ごく稀に鋭利な小石などが擦れて穴が開くとか、はっきりわからないそうです。

そんなわけで、我が家の庭のジメジメは解消されました。本格的な梅雨に入る前で本当に良かったです。今回補修した箇所は役場が管轄するところだったのでお金もかかりませんでした。ほっ。これが水道のメーターボックスから家へのラインだったら我が家の負担になるところです。
今までなんでもなかったところがジメジメしてきたら、水道管の漏水を疑ってみたほうがいいですね。

水問題は解決しましたが、湧き水じゃなかったことは本当に残念です。我が家のかめは、最近すっかり慣れたカメハウスで、自由にのんびり過ごしています。

IMGP7156_サイズ変更
無事、埋め戻された庭。

IMGP7148_サイズ変更
かめ池でくつろぐかめ。左手一歩前がポイントです。警戒心が強いので、これ以上近付くと素早く水の中へ逃げてしまいます。


関連記事
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

湧き水伝説、残念~~~(-_-;)
でも、修理してもろて良かったね~
ずっとジメジメしてたらいややもんね

カメさんて用心深いねんなぁ・・・・(^-^;
  • posted by 沙羅. 
  • URL 
  • 2017.06/21 22:44分 

NoTitle 

沙羅.さん
ペットショップで売られてたとか、部屋の中で水槽で飼っていると、かなり慣れるみたいですよ、クサガメ。
我が家のかめは用心深いので、手からエサ食べるなんて夢のまた夢です(笑)
確か、沙羅.さんの田舎家でも漏水事件ありましたよね。
自分たちではどうにも出来ないトラブルってブルーになりますね・・・
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2017.06/22 14:29分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。