FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

自転車アプローチで烏帽子岳

P1230023_サイズ変更
ガスの中を歩く。登山道はよく整備されています。(2016年7月23日)

P1230029_サイズ変更
烏帽子岳登山のハイライト、最後の烏帽子岩の登り。晴れていれば、この岩からの眺めが素晴らしいのですが・・・


烏帽子岳(上伊那郡飯島町)は何度か登ったことがあるのですが、今回は自転車で登山口まで行きました。夫は何度か自転車で来ていますが、私は初めて。車でも登山口の鳩打峠までは「結構登るなぁ」という印象なのですが、自転車だとさらにその感が倍増。登山口に着くまでにヘロヘロになってしまいます。自転車アプローチ登山はかなり足にきます(笑)

以下はその記録になります。

鳩打峠から烏帽子岳(2195m)
2016年7月23日 自宅 8:00~鳩打峠登山口 9:40-9:55~烏帽子岩 12:35~烏帽子岳山頂 12:40~烏帽子岩に戻って休憩-12:55~小八郎山 14:15~鳩打峠登山口 14:45~自宅15:50(走行距離28km)
朝起きるとどんよりとした曇り空。それでも晴れるという天気予報を信じて、おにぎりを作って、予定よりちょっと遅めの8:00に家を出る。山登りは久しぶり。いつぶりだか考えてみたら、お正月の風越山以来だった。(おへんろのとき、いくつか山越えしていますが。)
自宅から一気に天竜川まで下り、前沢川沿いに緩く上っていく。この辺りは広々としていて、田んぼや果樹園が並んでいる。この辺でもうすでに汗びっしょり。県道15号に出て、烏帽子岳小八郎山登山口という案内板のあるところを西に折れ、そこからはずっと登り。場所によってはかなり急で時速4kmくらいになってしまう。
9:40、鳩打峠登山口着。着いてみて驚いた。駐車スペースがほぼ満車。30台以上停まっている。こんなにたくさんの登山者が来ているのかと驚いたが、山の中からビーバー(刈払機)の音がしていたので登山道整備の人がたくさん来ているのだとわかった。道理で軽トラが多いわけだ(笑)
休憩して準備して、9:55歩き出し。登り始めてすぐ、十数名の鎌を持った整備の人たちとすれ違う。お疲れさまです。その後も、鎌を持った人と何人かすれ違ったり、ビーバーで作業中の手を休めてもらった脇を足早に通り過ぎる。
今の季節、我が家の周りでは必ずビーバーの音が響いているが、まさか山の中でもビーバーの音を聞くことになるとは思わなかった。
12:35烏帽子岩の上に出る。ガスっていて山も伊那谷も見えず。ここから山頂までは5分もかからない。山頂へ行ってみると、10人以上の人が休憩して昼食を摂っているところだったので、烏帽子岩へ戻って休憩する。ガスの切れ間から一瞬だけ伊那谷が見えた。
12:55下山開始。あっという間に下ってしまう。行きのコースを外れて、小八郎岳(1475m)へ寄り道する。14:15小八郎岳山頂。ここからは伊那谷を一望することができた。対岸にある我が家まで見えて面白い。
14:45鳩打峠登山口着。下は晴れていた。行きと同じ道を戻って、15:50自宅着。


自転車に乗っていたら右ひざが痛くなり、山の下りでもかなり痛くなってしまいました。運動不足なんでしょうね。翌日には筋肉痛が出たので、まあよしとしましょう(笑)
こんなときは、望岳荘の薬湯が効くのですが、ちょうど改装工事中でお休み(7月25日まで)でした。家の水シャワーで我慢です(苦笑)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

大相撲名古屋場所、終わってしまいましたね。
前半は毎日緊張して観戦していましたが、横綱鶴竜が4日目から休場、その後、大関琴奨菊が7日目から休場、稀勢の里が2敗して、白鵬が右足の親指を怪我してしまって、なんとなく緊張感がなくなってしまいました。結局、稀勢の里はまたもや優勝まで一つ白星が足らず。稀勢の里の動き、硬かったですもんね。
日馬富士の終盤の集中力はすごかったですね。気持ちよくなるくらい強かったです。優勝おめでとうございます。


IMGP3375_サイズ変更 IMGP3376_サイズ変更
行きの登り。向かう山はどんより。(2016年7月23日)

IMGP3382_サイズ変更 IMGP3384_サイズ変更
帰り、伊那谷は晴れていました。天竜川まであっと言う間に下ってしまいます。(2016年7月23日)


にほんブログ村に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。