FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

ミミズコンポスト その後の五(アリとの共生)

IMGP3090_サイズ変更
ナンテンの花がたくさん咲いています。(2016年7月)

IMGP3189_サイズ変更
ムクゲも咲き始めました。(2016年7月)


我が家のミミズコンポストは3年目になり、ミミちゃんたちは順調に増えています。

去年(2015年)の11月、ミミズコンポストを増設しました。1号と同じ材料で全く同じものを作り、増えたミミズをひとつかみくらい2号の方へ入れました。
冬の間は凍ってしまうかもしれないと思い、物置の中で越冬し、寒さが和らいできた3月末に外へ出しました。

その後、変わりなく過ごしていたのですが、あるとき、たくさんのアリがミミズコンポスト2号の中に入って来て、せっせと巣を作っています。
ミミちゃんたちが食べられてしまうのではないかと驚いて、とりあえずアリを捕まえられるだけ捕まえて、離れたところへ捨てました。
翌日、様子を見ると、アリの姿が見えなかったのでホッとしていたのですが、数日後、またたくさんのアリがいて、せっせと巣を作っています。

仕方ないので、アリとミミちゃんを分離しようと土を出してみたら、ちょうどミミちゃんのベビーラッシュだったようで、糸くずよりも細い赤ちゃんミミズがたくさん生まれているんです。
これを全部拾うのは無理と思って、土は箱の中にそのまま戻しました。

数日前にはたくさんの羽アリが生まれていて、ミミズコンポスト1号の方へ引っ越している集団がいました。うーーーーん。このままでいいのだろうか。ネットで調べてみましたが、よくわかりません。

結局、自然界ではアリとミミズは共存しているのだろうと思い、今もミミちゃんとアリは一緒にいます。ミミちゃんやその卵がアリに襲われている様子はないので、しばらくこのままにしておくつもりです。
とりあえず、冬になる前にミミズコンポストの土を全部回収する予定なので、それまでは様子を見ながらこのままになりそうです。

アリって、私が思っていたよりもたくさんの種類がいるんですよね。日本には250種以上のアリがいるそうです。
よく見かける黒いアリはクロヤマアリ(4.5~6mm)だと分かりました。我が家の庭にも畑にもたくさんいて、いつも元気に働いています。
庭の石を移動させようと動かしたら、裏にたくさんのシロアリがいました。すると、クロヤマアリがシロアリを攻撃して素早く捕まえると自分の巣へ持ち帰っていきました。死んだ昆虫などはすぐに巣へ運んでくれるので、我が家では、クロヤマアリは「庭のお掃除屋さん」と呼んでいます。

ミミズコンポストの中にいるアリは色や大きさから判断すると、「アメイロアリ」かなぁ、という感じなのですが、はっきりわかりません。アメイロアリなら蜜や動物質のものをエサにしていて、生きたミミズを襲うことはないようです。
今回のミミズコンポストアリの巣騒動で、アリの勉強になりました(笑)

コンポストの土がべちゃべちゃに濡れていれば、アリに巣を作られなかったかもしれません。ちょっと渇き気味だったんですよね、我が家のコンポスト。


IMGP3113_サイズ変更 IMGP3114_サイズ変更
(左)我が家のミミズコンポスト。右が1号、左が2号。(右)生まれた羽アリとたくさんの卵。


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

ミミズさんは土を肥やしてくれるのは十二分にわかってるんやケド。。
未だに慣れへんくて・・畑でぎゃ~ぎゃ~ゆぅてます(-_-;)
田舎育ちでハイジ生活してたとは自分でも思えへんくらいニョロってるのが苦手・・2年後の移住、大丈夫かなぁ・・・
  • posted by 沙羅. 
  • URL 
  • 2016.07/07 20:03分 

NoTitle 

沙羅.さん
移住は2年後なんですね。楽しみですねー。
私も昔はミミズもイモムシもケムシもダメでしたねぇ。
山登りと家庭菜園を始めてから大丈夫になって、今では可愛いと思うようになりました。
虫でも雑草でも、逞しく生きてる姿を尊敬しています(笑)
可愛い愛称(ミミちゃんとか)をつけると親近感が沸いてくるかもしれませんよ。
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2016.07/08 17:59分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。