FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

麦と雑穀

IMGP2717_サイズ変更
ハルジオンに群がるコガネムシ。(2016年5月)

IMGP2718_サイズ変更
抱きついています(笑)


ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。我が家には来客がありました。やってきたのは私たちの古巣である太田山岳会の友人3人です。狭いテントの中で同じ釜の飯を食べた山の仲間というのは、家族のようで気心が知れています。久しぶりに飲んで、山の話をたっぷりして、大いに笑って、とても楽しい時間を過ごしました。また来てくださいねー。他のみなさんもお待ちしております(笑)


さて、我が家で借りている畑は粘土質で水はけが悪いため、これまでは比較的水が溜まりにくい場所にだけ野菜を植えていました。折角の広い畑なので、今年からは全面を使いたいと思い、土質改善を目指して、あれこれ試してみようと思っています。

とりあえず、冬の間に水切り溝を掘りました。畑全体に微妙な勾配があるので、なかなかうまく水が流れてくれませんでしたが、何度かの改良の後、まあ許せるレベルにまではなりました。

20160324IMGP2103_サイズ変更 20160324IMGP2102_サイズ変更
(左)畑として使って3年目になるところには、まあまあ草が生えていますが、(右)全く使っていなかったところは不毛地帯。(2016年3月)

20160315IMGP2037_サイズ変更
雨が降ったあとはこんな感じです。

長年、トラクターで耕されてきた借畑には硬盤層ができています。これを砕くために植物の根っこに頑張ってもらうことにしました。特に麦の根は1m以上もまっすぐ伸びてくれるということなので、麦を育てようと思います。春まきできる麦は限られてしまうのですが、とりあえず、はと麦とライ麦を播きました。

はと麦はイネ科キビ亜科ジュズダマ属。ジュズダマの変種です。原産地はインド北東部アッサム地方からミャンマーにかけて。湿地を好み、耐湿性が強く、酸性土壌にもよく適応するとのこと。他家受粉しやすく、ジュズダマとは容易に交雑してしまうようです。

ジュズダマというと、子どものころ、通学路の脇に生えていて、たくさん集めて糸でつないで首飾りやブレスレットを作って遊んだ記憶があります。こちらに来てからはジュズダマを見かけないので、交雑の心配はなさそうです。
はと麦の種まきのとき、種を見て笑ってしまいました。子どものころに遊んだジュズダマそのまんまだったからです。もしかしてジュズダマも食べられたのかな、と想像したら楽しくなりました。

ライ麦のほうは土質改善のためというよりは、単純に食べたいからという理由で蒔きました。イネ科ウシノケグサ亜科で原産地はカスピ海西部と言われています。寒冷地ややせ地でも生育してくれるとのこと。我が借畑にぴったりです。

他、今年は雑穀も少し育てたいと思っています。今のところ、もちあわともちきびの種を用意しています。もう少し気温が上がってから種まきします。
どちらも多湿を嫌い乾燥に強く、やせ地や酸性土でもよく育つとのこと。借畑の中でも水はけのいいところで育てようと思います。
アワ(イネ科アワ属)の原型はエノコログサで、交雑しやすいので注意が必要とのこと。エノコログサってねこじゃらしのことですね。そこら中に生えているのでちょっと心配です。

一番心配なのは鳥害ですが、これは案山子でも立てるしかないでしょうね(笑)
それよりも、鳥に食べられるほど実がつくかどうか怪しいものです。今から心配してもしょうがないことですが、小鳥たちが群れて雑穀を食べている姿を想像するとなんとも微笑ましい。人間の口にも入るくらいの収穫があるといいのですが。


201109IMGP6804_サイズ変更
ヨーロッパの穀倉と言われるウクライナの広大な麦畑。収穫の最盛期でした。(2011年9月)


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

すごいコガネムシの団体さんww

昔、祖母の畑でさゎさゎとなびく小麦が好きでした
収穫した小麦を背負って製粉所(水車で臼が回っていたような・・)に持って行ってたのを思い出します
意外にも4歳児の記憶は新鮮w

畑が改良されるといいですね♬
  • posted by capri 
  • URL 
  • 2016.05/09 12:52分 

NoTitle 

capriさん
私も子供のころ近所にあった麦畑が好きでした。ビール用の大麦でしたけど。
水車の製粉所、素敵ですねー。日本で、まだそういうところがあるんでしょうか。
畑のほうは、何年も時間をかけていく計画です。数年後に期待しています(笑)
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2016.05/10 08:04分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。