FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

おへんろの記録その2、土佐の国

IMGP1321_サイズ変更
土俵と巨木がある落ち着いた境内。 室戸岬・最御崎寺にて(2016年2月5日)

P1220490_サイズ変更
横浪スカイラインからの太平洋。 高知県須崎市にて(2016年2月11日)


高知県には八十八ヶ所のうち16のお寺があります。四国4県の中で一番少ない札所ですが、寺から寺までの距離が長いので、歩く距離は一番長くなります。
土佐の国は「修行の道場」と言われています。肉体的な難行苦行を想像してしまいますが、精神的な修行を意味していて、仏道を身につけて善行を積むことが重要とされているんだそうです。

私の場合は、足の裏に出来たたくさんのマメが痛くて痛くて、苦行そのもののように感じていました。夜、テントの中でマメを潰して絆創膏を貼って、騙し騙し歩いているような状態でした。
それでも歩き始めて10日を過ぎたころには、マメの出来たところは固くなり痛みも和らいできましたが、重い荷物の負担がかかっている肩はいつまでも痛いまま。10kg以上の重さのザックを背負って、舗装された固い道の上を歩いているうちに、足の裏全体が押しつぶされて、ピリピリと痛むようになりました。
もっと重い荷物を持って山を歩いていても、こんなふうに痛くなったことはありません。舗装された道を歩くことは、体のあちこちにかなりの負担がかかるのだとわかりました。

室戸岬へ向かう長い長い道のりを歩きながら、こんな痛い思いをするなら来なければよかったと思ってしまいました。午前中はまだいいのですが、午後になると足が重くなりペースが落ちてしまいます。こんな状態で88番のお寺まで行けるのか不安にもなりました。
中途半端に体力があるからこんなことになったのだ、夫と歩く体力がなく、か弱い女だったら、こんな旅に出ることもなかっただろうに、と自分を恨めしく思ったりもしました。
それでも止めるわけにもいかず、一人だけバスや列車に乗るわけにもいかず、ノロノロと歩いているうちに、痛みにも慣れ、少し余裕が出てきました。

そして足摺岬へ着くころ、キレイな空と海を眺めながら、「こんなふうに歩いて旅する体力があって良かった。私は幸せだなぁ」と考えていました。なんとも勝手なことですが(笑)、こんなふうに自分の気持ちに変化が起こったこと、忘れずにいたいと思います。


2016年2月3日(9日目・晴れ)(31km・晴れ)
大砂海水浴場→海陽・セイムスで買い物。→穴喰道の駅→高知市内に入る。→生見コインスナックで休憩。→野根スーパーで買い物。→左手に海、右手は山が迫っていてテン場が見つからない。水もない。→薄暗くなるころ、ようやく法海上人堂に着く。水・トイレあり。法海上人堂にテント泊。
0203IMGP1295_サイズ変更 0203P1220394_サイズ変更
(左)はるか先に室戸岬が見える。(右)法海上人堂にテント泊。平坦地は少ない。

2月4日(10日目・晴れ)(25km)
法海上人堂→佐喜浜で買い物。→椎名→三津→室戸岬・中岡慎太郎像前の公園に幕営。
0204IMGP1309_サイズ変更 0204IMGP1314_サイズ変更
(左)室戸岬が近付いてきた。(右)室戸岬では中岡慎太郎がお出迎え。

2月5日(11日目・晴れ) 24・最御崎寺 25・津照寺 26・金剛頂寺(24km)
中岡慎太郎像前公園→24番最御崎寺→室戸岬灯台→ヤマザキショップで食事。→25番津照寺→26番金剛頂寺→道の駅キラメッセ室戸でお寿司を買って海を眺めながら食事。→羽根スーパーで買出し。→羽根岬の休憩所にテント泊。
0205IMGP1331_サイズ変更 0205IMGP1333_サイズ変更
(左)道の駅で買った美味しいお寿司。上が鯖で下がさんま。(右)びわの実に全部袋が被せてある。

2月6日(12日目・曇り) 27・神峯寺(23km)
羽根岬の休憩所→奈半利→田野・ローソンで食事。ツルハドラッグで買い物。→安田町の鳥居に荷物をデポして、27番神峯寺往復。→道の駅大山手前、大師堂のある岩屋に幕営。公衆トイレあり。大師堂の中は宿泊禁止。
0206IMGP1350_サイズ変更 0206P1220445_サイズ変更
(左)荷物がないといくらでも歩けそうな気がする。(右)雨も風も防げる快適な岩屋。

2月7日(13日目・晴れ)(30km)
岩屋→伊尾木・ローソンで朝食。→安芸市街を通過。→夜須町・サークルKで食事。→香南市・ドラッグストアコスモスで買い物。→野市体育館の少し上。公衆トイレの前に幕営。
0207IMGP1367_サイズ変更 0207P1220450_サイズ変更
(左)真っ青な空と海。(右)遠くに雪を被った山が見えた。

2月8日(14日目・晴れ) 28・大日寺 29・国分寺 30・善楽寺 31・竹林寺(28km)
野市体育館の上→28番大日寺→松本大師堂→29番国分寺→30番善楽寺→マルナカスーパーで買い物。→31番竹林寺→武市半平太旧宅。その上にある瑞山神社(武市半平太記念館)見学。管理をしている方が来たのでテント泊していいか確認。許可してくれたので、神社境内にテント泊。
0208IMGP1383_サイズ変更 0208P1220459_サイズ変更
(左)とさでんが走る高知市内。(右)武市半平太の旧宅。

2月9日(15日目・晴れ) 32・禅師峰寺(9km)
武市家のお墓参り。→32番禅師峰寺→マルナカスーパーで買出し。→浦戸大橋を強風に煽られながら渡る。→桂浜散策・国民宿舎桂浜荘でお風呂。1人590円。シャンプー、石けんあり。→桂浜公園内にテント泊。
0209IMGP1394_サイズ変更 0209P1220470_サイズ変更
(左)強風の中、浦戸大橋を渡る。(右)桂浜と言えば、坂本龍馬ですね。

2月10日(16日目・晴れ) 33・雪蹊寺 34・種間寺 35・清瀧寺(26km)
桂浜公園→33番雪蹊寺→34番種間寺→仁淀川大橋を渡る。とても美しい川。→ファミリーマートで食事。→小さなお堂に荷物をデポして、35番清瀧寺往復。→高岡町のスーパーサンプラザで買い物。→塚地坂トンネル手前の休憩スペースにテント泊。夜中に来た大型トラックがエンジンをつけたまま休んでいてうるさかった。
0210IMGP1397_サイズ変更 0210IMGP1405_サイズ変更
(左)朝、桂浜公園からの眺め。(右)美しい仁淀川。

2月11日(17日目・晴れ) 36・青龍寺(27km)
塚地坂トンネル手前→塚地峠→宇佐・ローソンで朝食。→目当てにしていたスーパーが見当たらないので、ファミリーマートで食料買出し。→宇佐大橋を渡る。→36番青龍寺→奥の院へ向かう道を通って、横浪スカイライン(県道47)へ出る。→武市半平太像→県道23と合流。→須崎市街に入ってすぐのガソリンスタンド裏の東屋に幕営。明日のために、ドラッグストアコスモスで買出し。
0211IMGP1415_サイズ変更 0211P1220500_サイズ変更
(左)青龍寺の境内に並ぶ石仏。(右)横浪スカイラインに立つ武市半平太。

2月12日(18日目・曇り)(34km)
ガソリンスタンド裏の東屋→道の駅かわうその里すさきで休憩。すぐ隣を流れる新荘川で最後にニホンカワウソが目撃されたとのこと。→安和から焼坂峠へ入る。久礼側の崩壊激しいが歩けるように整備されていた。→久礼・ローソンで食事。→そえみみずへんろ道を経て七子峠へ出る。→テン場を探しながら歩くが見つからず、結局道の駅あぐり窪川まで来てしまう。18:30ごろ幕営。
0212IMGP1438_サイズ変更 0212IMGP1445_サイズ変更
(左)焼坂峠を越える。(右)比較的新しいへんろ石。

2月13日(19日目・雨)(0km)
テントを片付けて、道の駅で一日中雨宿り。18:30ごろ同じところに幕営。
0213IMGP1452_サイズ変更
大雨の中、おへんろツアーの人たちがやってきて休憩していた。

2月14日(20日目・晴れ) 37・岩本寺(27km)
道の駅あぐり窪川→37番岩本寺→ローソンで朝食。→佐賀温泉→伊与喜駅で休憩。国道を外れへんろ道へ入り熊井隧道。明治時代に造られた感じのいいトンネル。→ローソンで買い物。土佐佐賀駅の近くに小さなスーパーがあった。→土佐西南大規模公園にテント泊。
0214IMGP1464_サイズ変更 0214IMGP1467_サイズ変更
(左)高知にはキレイな川が多い。(右)このあたりにもカワウソがたくさんいたのだろうな。

0214IMGP1471_サイズ変更
レンガで造られた熊井隧道。

2月15日(21日目・曇り時々晴れ又は雪)(32km)
土佐西南大規模公園→灘休憩所で休憩。トイレと平らな緑地スペースがあり幕営適地。→道の駅大方で休憩。→入野・スーパーサンシャインで買出し。→田ノ浦で女の人から「せとか」というみかんをいただく。ジューシーでオレンジのような美味しいみかんだった。→四万十大橋手前のローソンで休憩。若い女の人から「きんかんの塩漬け」をいただく。→新伊豆田トンネル先の東屋のある休憩所でテント泊。
0215IMGP1488_サイズ変更 0215IMGP1490_サイズ変更
(左)四万十川の河口付近。(右)いただいた「せとか」と「きんかんの塩漬け」。

2月16日(22日目・晴れ時々曇り)(28km)
新伊豆田トンネル先・寝ている間に雪が舞ったらしく、薄っすら白くなっていた。→下ノ加江・ローソンで朝食。→以布利→徳島で会った自転車へんろの男の人と再会。野宿情報など交換。→足摺岬→万次郎足湯(無料)→中岡慎太郎前の公園にテント泊。
0216IMGP1498_サイズ変更 0216P1220538_サイズ変更
(左)足摺岬が近付いてくる。(右)徳島から度々会っていた自転車へんろのワタナベさん。

0216IMGP1510_サイズ変更 0216P1220540_サイズ変更
(左)これもへんろ道。(右)足摺岬着いたーーー。

2月17日(23日目・晴れ) 38・金剛福寺(23km)
公園→38番金剛福寺→中浜・ジョン万次郎生家跡など見学。→土佐清水・サニーマート、ローソンで買出し。郵便局ATMで引き出し。ガソリンスタンドでガソリン購入。→山伏峠→廃校になっていた益野小学校にテント泊。夕方になって水道の水が出なくなってしまったので、近くの家で水をいただく。
0217IMGP1526_サイズ変更 0217P1220554_サイズ変更
(左)細くて急なへんろ道。(右)ジョン万次郎の生家(復元)。中浜はジョン万一色(笑)

2月18日(24日目・晴れ)(30km)
益野小学校→益野川に沿って上っていき峠を越える。→三原村・みはらストアで休憩。→中筋川ダム→平田・高知座神社参拝。お茶と五円玉をいただく。→平田公園にテント泊
0218IMGP1552_サイズ変更 0218P1220573_サイズ変更
(左)四国の山は緑が濃い。(右)快適な公園に幕営。

2月19日(25日目・晴れのち曇り) 39・延光寺(29km)
平田公園→ローソンで朝食。→39番延光寺→宿毛・ホームセンター・スーパークリハラで買い物。→松尾峠(高知・愛媛県境)を越え、伊予の国へ入る。→一本松温泉で、近くの運動場にテント泊しようと思っていたら、運動場が工事中のため立入禁止。温泉は諦め先へ行く。→満倉の非常に快適な休憩所(広くはないけれど東屋の下に幕営でき、電源が使える。キレイなトイレあり。)にテント泊。
0219IMGP1575_サイズ変更 0219P1220580_サイズ変更
(左)松尾峠への登り。(右)これより伊予の国。古い石碑が残る峠。


にほんブログ村に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

すごいすごい 

テント持参されたんですね、寒くなかったですか?
四国はだいたいどこでもテント張っていいんでしょうか?
キャンプストーブとかも持って行きました?
  • posted by ハチママ 
  • URL 
  • 2016.03/22 09:05分 

NoTitle 

ハチママさん
四国は暖かいだろうと期待していたんですけど、思ったよりずっと寒かったですよ。今回、一番寒いときで-6℃でした。暖かいときは朝の気温が15℃なんて日もあったので極端でしたね。
山登りのときに使っているガソリンストーブを持って行きました。MSRっていうアメリカのメーカーのものです。毎晩テントの中でインスタントラーメンを作って食べてました。速い安い美味いの三拍子ですけど、体に悪いですよねー(笑)
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2016.03/22 10:05分 

ハチママさんへ追伸 

どこでもキャンプしてもいいわけではなく、「宿泊禁止」「野宿禁止」と書かれている公園や休憩所も結構あります。
テントを張る前は、そういった注意書きがないかよ~く見てから幕営してます。
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2016.03/22 10:09分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。