FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

かきな

IMGP6749_サイズ変更
畑にいると嬉しいてんとうむし (2013年9月)


世の中三連休の人も多いかと思いますが、サンデー毎日の私たちはいつもと変わらない生活をしています。


ところで、かきなって野菜をご存知でしょうか。かき菜って書きます。私の実家のあるあたりで食べられているアブラナ科の野菜です。要は菜っ葉です。
秋に種まきをして翌春に収穫します。伸びてきた葉っぱをかき採るから「かき菜」って言うみたいです。
基本的に茹でて食べます。茹でると緑色が鮮やかになってキレイです。茹でたものにおしょうゆをかけて食べるだけですが、歯ごたえがあって甘味があって、これだけでごはんが食べられるくらいおいしいんですよ。


このかき菜を長野でも食べたいと思い、引っ越してくる前に種を買っておきました。その種を最近蒔いたのですが、やはり4年前のものだからか、芽が出ません。大根とかチンゲンサイとか、アブラナ科の種は4年前のものでも比較的発芽していたのですが、かき菜はダメでした。
そんなわけで、実家の母に電話をして種を送ってもらいました。
その種が昨日届いたわけですが、種の生産地はアメリカでした。私が持っていた種の生産地はイタリアでした。地元の伝統的な野菜の種が外国産っていうのは、なんだかちょっと危機のようなものを感じてしまいますね。これからは自分で種を採って地野菜にしていきたいです。
今から種まきはちょっと出遅れた感がありますが、寒さに強い野菜だからきっと大丈夫でしょう。


ふるさとの味で思い出すのはソースかつ丼です。足利のあたりはソースかつ丼が普通に食べられていて、私も好きで子どものころからよく食べていました。
南信州の駒ヶ根はソースかつ丼が名物になっていて、お店がたくさんあります。何度か食べたことがありますが、私にはソースがちょっと甘すぎる気がします。おいしいことは間違いないのですが、私の思い描く懐かしのソースかつ丼の味ではないんですね。実家に帰ったときに、懐かしの味を食べに行きたいと思います。


IMGP6745_サイズ変更
アフロヘアのくぬぎ。たくさん拾ってきました。 (2013年9月)
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。