FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

冬の畑仕事

IMGP0964_サイズ変更
畑の隅で紅葉していたスイバの葉。 (2016年1月)


現在、畑にあるのは葉っぱ類と春を待つ玉ねぎ&エンドウくらいです。
葉っぱ類は収穫せず、春の花を楽しむつもりです。

我が家が借りている畑は東側半分くらいは水はけがとても悪く、雨が降ったあとはぐちゃぐちゃになっています。そこへ入ろうものなら、長靴がズブズブと埋まってしまい抜け出すのが困難になるので近づけませんでした。そんなわけで、少しでも水はけが良くなればと思って、冬の間に溝を掘っています。

いざ掘り始めてみたものの、ごろごろと石が多くて大変。それでもなんとか溝ができました。
雨の翌日見てみると、うまい具合に溝に水が溜まっていていい感じなのですが、畑全体が斜めになっているので、畑の真ん中に水が溜まったままの状態になってしまいました。元々道路に沿ってつけてあった溝まで流れるように掘ったのですが、うまく水が流れていきません。

溝に勾配をつける作業がこれまた大変。相変わらずの石だらけに加え、固い層にぶつかったりします。これが、トラクターなどで長年耕しているとトラクターの重みで出来てしまう硬盤層というものか? この層が畑全体にあるのかと思ったら、ちょっとウンザリしてしまいました。
水切り溝は一応掘り終わったのですが、その後雨や雪が降っていないので、水切り溝がうまく機能するか未確認です。

次は畝を作りました。通路にする部分をスコップで掘っただけですが、すっかり畑らしくなりました。掘っていて悲しいのは、生き物が全く見当たらないことです。畑の隅のほうの雑草が生えているところを掘るとミミズや虫が出てくるのに、草の生えていない畑の土は寂しいものです。それでも、霜が降りるお陰で土は適度に湿っていて柔らかく、掘りやすかったので作業がはかどりました。

今年は植物の力を借りて、借畑の土壌改良をしていきます。すぐには良くならないでしょうから、何年もかけてゆっくりゆっくりやっていこうと思いますが、どんな風に土が変わっていくのかとても楽しみです。
借畑の持ち主さんは「好きなように使って!」と言ってくれているのでお言葉に甘えています。ありがたいことですね。


IMGP9885hatake_サイズ変更
雨が降ったあとは水溜りだらけ。 (2016年8月)

IMGP0843_サイズ変更 IMGP0845_サイズ変更
(左)水はけを改善するために溝掘り開始。 (右)雨が降ったあと。手前の方へ流れて欲しいのに、水は奥に溜まってしまいました。

IMGP0847_サイズ変更 IMGP0994_サイズ変更
(左)以前は水溜りだらけだったところ。多少は良くなったのかな? (右)畝を立てた畑。あとは春を待つばかり。


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。