FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

いい土できました

IMGP0738_サイズ変更
堆肥場の脇に生えてたかきな。 (2015年12月)


自家製堆肥の天地返しをしました。前回返したのは3月だったので、約9ヶ月ぶりです。

我が家の堆肥場は、夫が手作りした枠を麻ひもで縛って固定してあります。(詳しくはこちら → 堆肥の天地返し
麻ひもを解いて枠をばらし、すぐ隣にコの字形に組んでもらいました。そこへ上から下へ、今までと逆になるように積んでいき、ときどき米ぬかを振っておきます。堆肥に入れてあったのは、庭の落ち葉、野菜くず、夏の刈り草です。

出てくるだろうな、とは思っていたのですが、予想通り、いましたよ。
カブトムシの幼虫たち。プリプリしています。
大きくて驚きましたが、夫曰く「このくらい普通」。

幼虫は全部で5匹、みんな立派な大きさになっていました。もっとうじゃうじゃ出てくるかと思ったのですが、案外少なかったです。幼虫たちは移動した堆肥場の隅っこに埋め戻しておきました。
来年の夏には又、すぐ近くのクヌギの木で場所取り合戦が始まるんでしょう。楽しみです。
カブトの幼虫以外には、何か分からない小さな幼虫やハサミムシがたくさんいました。堆肥の中は賑やかですね。

積んであった堆肥は見事な層になっていて、一番下の層は良い状態の土になっていました。40リットルの袋5つ分とれましたよ。
当たり前のこととは言え、「土って自分で作れるんだな」ということを実感します。
自家製堆肥とミミちゃん土(ミミズコンポスト)の最強タッグで来年の畑作りが待ち遠しいです。
ミミちゃんたちは冬の防寒のために物置の中へ引っ越ししました。優遇されてます(笑)

自然と生き物の力を借りて自分たちの食べる野菜を作れること、とても幸せだと感じています。


IMGP9896_サイズ変更
夏、賑やかだったクヌギの木。 (2015年7月)

IMGP0637_サイズ変更 IMGP0639_サイズ変更
(左)我が家の堆肥場。 (右)枠を外すとこんな感じ。

IMGP0642_サイズ変更 IMGP0644_サイズ変更
(左)プリプリの幼虫。 (右)いい土できてました!


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

オットが見たら狂喜乱舞しそうな幼虫ですw
カブトムシ、前に幼虫から育ててましたからねぇ・・

ウチの田舎家にも堆肥作りしてる場所あるんですが
コガネムシの幼虫ばかりでした

ちなみに・・オットの大学の卒論はミミズと土壌のなんちゃら・・でした
なのに、畑仕事は全くわかっておりません・・・w
  • posted by capri 
  • URL 
  • 2015.12/14 14:00分 

NoTitle 

capriさん
幼虫、カワイイですよね。ご主人は農学部ですか???ミミズはありがたい存在です。

近くにカブトムシの好きな木(クヌギやコナラやヤナギ)があると卵を産んでいってくれると思いますよ。堆肥の内容にもよるのかな?
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2015.12/15 05:46分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。