FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

手作りの柿酢 その後の壱

IMGP0581_サイズ変更
快晴の下、朝の散歩です。奥に見えるのは宝剣岳と伊那前岳。 (2015年11月)


昨日は雪が降りました。風が強かったので積もることはありませんでしたが、朝から気温が上がらず(むしろ下がって)寒い一日になりました。

10月30日に初めて仕込んだ柿酢。仕込んだ翌々日あたりから酸っぱい匂いを発し出しました。思ったより液が出なくて、容器の半分くらいしか溜まりませんでしたが、仕込んでから1ヶ月以上経ったので、液を濾してビンに詰め替えました。心配だったカビは見当たらず、澱がたくさん出ていましたが問題ないようです。

少しだけ味見してみたら、甘酸っぱくて美味!思わず笑顔になってしまう美味しさ!でもちょっと甘味も酸味も薄いようです。このままビンの中で発酵が進んでいくと思います。

第一弾の失敗に備えて、11月13日に第二弾の柿酢を仕込んでおきました。余っていた柿を全部使いました。数えてみたら70個以上あり、第一弾と合わせると100個以上の実があったことになります。すごいですね。
蓋を開けて確認してみたら、表面に青いカビが生えていたので取り除きました。液に浸かっていない部分にはカビが生えやすいようです。

図書館で借りてきた本「農家が教える発酵食の知恵」、「農家が教える続・発酵食の知恵」(農文協)に柿酢の作り方が詳しく出ていました。柿以外にもりんご・ぶどう・梅など、いろいろな果物で酢を作ることが出来るんですね。

柿酢は、今回の私のような作り方ではなく、熟し柿をぐちゃぐちゃに潰して発酵させてる人が多いようです。
カビが生えても嫌な臭いがしなければ、そんなに神経質にならなくてもいいみたいですね。
注意することと言えば、虫がつかないようにすることと、酢酸菌は振動に弱いので静かなところに置くことくらいでしょうか。

柿酢を畑に撒くと害虫が減るとか、野菜が元気になって病気にも強くなったとか、いろいろ良い効果があるそうです。
甘柿よりも熟した渋柿のほうが糖度が高いので失敗が少ないとのこと。熟した渋柿はこの辺りにはたくさんあるので、来年はたっぷり作って食事や野菜作りに活用したくなりました。


IMGP0353_サイズ変更 IMGP0355_サイズ変更
(左)もらってきた柿の枝。 (右)しっかり熟した渋柿を使いました。

IMGP0599_サイズ変更 IMGP0601_サイズ変更
一ヶ月でこんな感じになりました。

IMGP0602_サイズ変更 IMGP0611_サイズ変更
さらしの布で作った袋で濾して、ビンに詰めました。このまま飲んでも美味しいです。


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

あ~・・待ってましたぁw
こうなるんですね、柿酢
ウチでもお試しにやってみています
カビっカビになりそうで怖かったんですけど(-_-;)
なんとかなりそうな気がしてきましたw
  • posted by capri 
  • URL 
  • 2015.12/07 00:30分 

NoTitle 

capriさん
あ、柿酢はじめたんですね。カビより虫(ショウジョウバエ)に気をつけたほうがいいみたいですね。
私のほうもなんとかなりそうです(笑)
この先が楽しみです。
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2015.12/08 05:57分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。