FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

いろいろなりんご

IMGP0306_サイズ変更
りんごの上で物思うケロ。 (2015年10月)

IMGP0490_サイズ変更
収穫前のりんごと青い空。 (2015年11月)


いよいよ寒くなってきました。今朝も冷え込んでいます。昨日は雪がちらちらと舞っていました。山はずーっと雲の中なので、次に見えるときは真っ白に雪化粧していることでしょう。

りんごの産地と言って思い浮かぶのは青森県ですね。青森県のりんご生産量は断トツの日本一で、二番目が長野県になります。以下、山形、岩手、福島、秋田・・・と続いていきます。

この辺りでもいろいろな品種が作られていて、今は最後の「ふじ」の収穫をしています。今年の秋は暖かいので、りんごの締まりが悪いそうです。みつの入り具合も今ひとつだとか。

収穫中は傷ものりんごをいただける嬉しい季節です。鳥がちょこっとだけ突いてしまったものですが、そういうりんごは美味しいと言われます。鳥は美味しいりんごを見分けているんだそうです。

今年はいろいろな品種を食べることができました。紅玉、王林、ふじ、秋映、シナノゴールドなどなど。
「秋映(あきばえ)」というりんご、皮は紅玉のような濃い色で、実は締まっていて酸味が強くすっきりとした印象です。
「シナノゴールド」はサクサクとした軽い食感で、甘くて果汁がたっぷり。
上記、「秋映」と「シナノゴールド」に「シナノスイート」を加えた三種類は長野生まれの品種で、長野県の「りんご三兄弟」と呼ばれています。見かけたら試してみてくださいね。

そのまま食べるのが一番美味しいと思いますが、りんごのお菓子も食べたくなりますよね。お菓子作りに最適な紅玉はお菓子に使いました。
アップルパイ、タルト、くるみとりんごのケーキ、りんごとクリームチーズのパン・・・
パイはほとんど作ったことがないのですが、パイというよりはタルトのような生地になってしまいました。それはそれで美味しかったんですけど、ちょっと残念でしたね。
おからとふすまを入れて焼いたケーキは美味しかったです。クルミをたっぷり入れました。

りんごはしばらく置いておけるので、まだまだしばらく楽しめそうです。


IMGP0340_サイズ変更 IMGP0457_サイズ変更
りんごのバター焼き(左)とアップルパイ(右)

IMGP0370_サイズ変更 IMGP0475_サイズ変更
りんごのタルト(左)とりんごとくるみのケーキ(右)


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

すご~~~~~~い!
ケーキ店みたいじゃないですかぁ♪

紅玉が採れるんですね
最近、お店で紅玉を売ってないです
お菓子には向いてても生で食べるのは人気がないんですって・・
  • posted by capri 
  • URL 
  • 2015.12/01 15:02分 

NoTitle 

capriさん
タルト、ちょっと頑張って作りました。ケーキは高くて買えないので、自分で作るしかありません(笑)
紅玉売ってないんですか。
確かに、この辺りで紅玉の木は少ないみたいです。生で食べるなら他に美味しい品種がたくさんありますもんね。
capriさんの田舎家でりんご植えてみては?気候的に無理かな?
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2015.12/02 09:04分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。