FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

収穫の秋2015

IMGP0331_サイズ変更
ピーマンとケロ。 (2015年10月)


昨日は木枯らし一号が吹きました。寒くなってきたのをヒシヒシと感じます。
そろそろ霜が降りそうだったので、植えっぱなしになっていたアレコレを収穫しました。

まずは里芋。
初めてなのでよくわかっていないけれど、とりあえずスコップで掘ってみました。
葉や茎が大きく育ったものと小さいものの差がありましたが、収穫してみると葉や茎が立派に育っているからと言って芋がたくさん出来ているわけではありませんでしたね。今年の夏は雨が少なかったせいでしょうか。

里芋は芽だしで売られていたものと種芋を購入したのですが、合わせて1029円。収穫量は4kgくらい。高かったのか安かったのか微妙です。
里芋の茎は茹でて、しょうゆダレ(しょうゆ:みりん=1:1)に漬けました。

里芋と並べて植えたショウガも一緒に収穫。こちらも大小の差が大きかったけれど、まあまあの量が収穫できました。二人で食べるには十分です。

IMGP0323_サイズ変更 IMGP0329_サイズ変更
収穫した里芋。小さいものが多いけど美味しそう。

IMGP0318_サイズ変更 IMGP0322_サイズ変更
(左)掘る前の里芋&ショウガ。(右)収穫したショウガ。こちらも美味しそう。


そして落花生。まだ葉が青々しているので早いような気がしたのですが、試しに2株掘ってみました。一応出来てましたね。でもやっぱりちょっと早い気がするので、残りはもう少し経ってからにします。

IMGP0328_サイズ変更 IMGP0337_サイズ変更
こんな感じにできました。早速茹でて食べました。


最後はさつまいも。
幼稚園へ通っているときに「さつまいも掘り大会」なんて行事があったような気がしないでもないのですが、ほとんど憶えていないんですよね。小学生のときに参加した「じゃがいも掘り大会」はよく憶えているのですが。
ということで、初めてと言ってもいいさつまいも掘りです。とりあえずスコップでガシッと掘りました。芋がある場所を見定めるのが難しくて、スコップで傷をつけたり、途中で折ったりしちゃいました。

さつまいもは肥料が多いと蔓ばかりが伸びてしまって芋が太らないと聞いたので、元肥はほとんど入れず、追肥もなしで育てました。ところが、我が借畑の貧弱な土ではさすがのさつまいもと言えども栄養不足だったようで、蔓があまり伸びませんでした。
蔓が元気に伸びたところからは大きな芋が採れましたが、蔓が伸びなかったところでは細くて短い芋しかできていませんでした。土が硬すぎて芋がまっすぐ伸びられず、途中で曲がっているものもありました。

さつまいものところには何故かミミズがたくさんいたので、土壌改良にさつまいもを植えるといいのかもしれません。いい勉強になりました。
さつまいも苗12本583円で購入して収穫したのは5kgくらい。まあ合格点、、、でしょうか。。。
来年は自分で苗を作ろうと思っています。
さつまいもの蔓と葉は茹でて佃煮にしました。お茶のような味がして不思議でした。

里芋とショウガの植えてあったところには玉ねぎ苗を植えました。今年はセルトレイで苗を作ってみました。今まで玉ねぎは上手に出来たことがないので今回も心配です。

IMGP0325_サイズ変更 IMGP0327_サイズ変更
(左)掘る前のさつまいも。蔓が元気に伸びたのは2本だけ。(右)収穫したさつまいも。

IMGP0293_サイズ変更
玉ねぎはセルトレイで育苗。まだ小さいけど植えちゃいました。


にほんブログ村・楽しい貧乏暮らしに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ



関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。