FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

スズちゃんハウス増設

IMGP9883_サイズ変更
水田にいたトノサマ。(2015年7月)

IMGP9993_サイズ変更
川辺で涼むケロたち。(2015年8月)


6月に生まれたスズちゃんたちはすくすくと成長し大きくなっています。成長には個体差がかなりあって、まだ5mmくらいのものから20mm以上になっているものまで様々。

予想していたことですが、去年の飼育箱だけでは手狭になってしまいました。過密状態が半端ありません。
さすがにこれでは環境が悪いだろうということで、もう一箱増やすことにしました。
例によって、夫の工作シリーズです。プラスチックのケースの蓋にひたすら穴を開けてもらいました。

そしてスズちゃんの引っ越し。去年の箱から新しい箱へ半分くらい移したのですが、そのとき箱から逃げてしまったものが数匹いました。
が、動きが遅いのですぐ捕まりました。
木の棒を入れ直すときに、気をつけてゆーーーっくりと入れたにもかかわらず、その木の棒に潰されて死んでしまったものがいました。
動きが鈍いうえに、緊張感というものが全くない・・・。これでは自然の中へ放したら、すぐに淘汰されてしまうに違いない。外敵がいない環境で育つと、こんなにも危機感が失われてしまうものなのかと、今の日本を考えてちょっと怖くもなりました。

先日、ホームセンターへ出かけたら、カブトムシやクワガタムシと並んでスズムシも売られていましたよ。すっかり成虫で、オスはもう鳴いています。

驚いたのはそのお値段。オスメス各2匹ずつ計4匹入ったケースが698円です。
え、この値段で売れるの?ということは我が家のスズちゃんたちはいくらになるのか・・・
という卑しい考えが頭をよぎってしまいました(笑)

我が家のスズちゃんたちは、まだオスメスの区別がつきにくく(オスは背中が平ら、メスは背中が丸い)、鳴き始めるのはしばらく先ですね。食欲は旺盛で、採れたてのナスやキュウリにかじりついています。小さな容器に入れた削り節は1日で空になります。

暑い暑いと言いつつも、朝晩は涼しくて、ときには肌寒いようなときもあり、秋の気配を感じるようになってきた今日この頃です。外ではコオロギが鳴き始めました。


IMGP9974_サイズ変更 IMGP9976_サイズ変更
(左)2つになったスズちゃん飼育箱 (右)新しいほうは白樺を贅沢に使ってます。


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。