FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

ホオジロその後とカナブン&カブトムシ

20150727IMGP9919_サイズ変更
卵を温める親鳥がわかるでしょうか?私のカメラではこれが限界・・・ (2015年7月27日)

20150729IMGP9931_サイズ変更
突然からっぽになってしまったホオジロの巣・・・ (2015年7月29日)


暑い日が続いていますね。今日のこのあたりの予想最高気温は34℃です。しばらく雨が降っていないので、庭や畑の緑に元気がありません。

我が家の庭に巣を作ったホオジロ。7月19日に発見して、観察すること10日。まだ卵は孵りません。
そして衝撃の朝、7月29日。
巣に親鳥がいなかったので覗いてみると・・・巣の中はからっぽ。卵は消えてなくなり、親鳥のものと思われる羽が数枚残されていました。

ヘビに襲われたのだろうか。親鳥は無事だったのだろうか。子育てする姿を楽しみにしていたのに、、、、ショックです・・・
・・・・・


ホオジロが巣を作ったくるみの木の近くには、クヌギの木が生えています。
そこから、「ぶーん、ぶーん」という羽音が聞こえてきます。たくさんのカナブンが樹液を吸いに集まって来ているんです。
見ると、立派なカブトムシもいました。周囲のことにはお構いなしで、一心不乱に樹液を吸う甲虫たち。ちょっと笑える姿です。
これらの虫は夜行性ですが、昼間でも盛んに動き回って、いいポジションを取るために頭突きをしあったり、お尻を突っついて邪魔者をどけようとしたり元気いっぱいです。

夜はどんな活動をしているのか気になって、暗くなった夜8時過ぎ、ヘッドライトをつけて観察に行ってみました。すると、昼間たくさんいたカナブンはいなくなり、カブトムシだけが昼間と同じように動き回ったり樹液を吸ったりしていました。カナブンはどこへ?ちょっと拍子抜け。その日の夜空には、7月2度目の満月が輝いていました。

ホオジロがいなくなった寂しさを、カナブンとカブトムシに癒してもらっている私です。


IMGP9896_サイズ変更
クヌギに集まるカナブンとカブトムシ。(2015年7月)

20150726IMGP9902_サイズ変更
激しくポジション争いを繰り広げる甲虫たち。体の大きいカブトムシが優勢です。(2015年7月)

20150802IMGP9965_サイズ変更
無防備すぎるカナブンたち。(2015年8月)

IMGP9857_サイズ変更
カナブンはとうもろこしの花粉もお気に入り。(2015年7月)


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ


関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

あー残念 

ホオジロ夫婦残念でしたねー。
うちにくる鳥も毎年巣を作るけど、毎回都会ギャングカラスに
やられてます。
カ、、カブトムシが来るんですかーーーー!!!
なんて素敵!いいなぁ。
カナブン、、懐かしい、、
よく捕って首んとこに糸つけて飛ばしてペットに
してました。いろんな虫がいていいですねー。
野鳥もいろんなものが見れますねー。
  • posted by ハチママ 
  • URL 
  • 2015.08/02 22:40分 

NoTitle 

ハチママさん
ほんと、残念でした。また来てくれるといいなぁ。
ここに来て、庭でカブトムシやクワガタムシを見たときは感激しましたよー。
庭に木がたくさんあるので、虫や鳥がたくさん来て楽しいです。夏は涼しいですしね。

そっちにもそんな暴れん坊カラスがいるんですね。野鳥たちは大変だわ。
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2015.08/03 06:18分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。