FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

田舎暮らしの住宅事情

IMGP9107_サイズ変更
散歩前のストレッチに余念がない白柴さん。  (2015年2月)

IMGP9106_サイズ変更
歯の強化に励む白柴さん。  (2015年2月)


ずいぶんと暖かくなってきました。ちょっと早いような気がしています。あ、今日から3月ですね。
梅の花が咲き始め、この辺りの雪はすっかり消えました。でも今日は雪の予報になっています。まだ降り始めてはいませんが。

さて、この辺りの住宅事情、ちょっと長いです。

我が家の近所に、Tさん(60歳代、一人暮らし)という男性が住んでいました。Tさんの家は昭和の香り漂う2階建ての民家です。この家を月3万円の家賃で借りていました。
Tさんは東京出身で、十数年前に南信州へ移住してきた人です。私たちが引っ越してきてすぐに知り合いになり、お付き合いが始まりました。同じ移住組ということで、この地域のことをいろいろと教えてもらえる有難い存在でした。
Tさんもプロパンガスは使っていなくて、我が家同様カセットコンロで煮炊きをしていました(豆炭も愛用)。お風呂は薪で沸かせるお風呂でしたが、勿体無いから沸かしていませんでした。電気料金を滞納したため電気を止められてしまいロウソクで生活をしていたこともある玄人ですよ(笑)
Tさんの生活はかなり興味深いのですが、長くなってしまうのでまた別の機会にしたいと思います。

Tさんは、空き家だった今の家を見かけて、直接大家さんと交渉して、ここに住むことになったそうです。元々は家族で住んでいたらしいのですが、数年前に家族は解散して一人暮らしでした。
去年の暮れだったでしょうか。Tさんのところに大家さんがやってきて、「すぐに出て行って欲しい」と言われたそうです。理由は「この家を売ることにした」からだそうです。気の毒なTさんは、引越し先を探しながら、寒空の下せっせと家の片付けをしていました。

これだけ読むと、なんて横柄な大家なんだと思われますが、収入が不安定なTさんが家賃を数ヶ月滞納してしまったので、この処置もやむなしといったところでしょうか。

この先Tさんは、友人宅に居候しながら住むところ探しをすることになりました。Tさんが住んでいた家(畑付き)は、現在600万円で売りに出されています。

Tさんの友人夫婦が住んでいる家に連れて行ってもらったことがありました。そこは、なかなか素敵な古民家で、ひと月数万円(失念、確か1万か2万円)で借りていました。
快適な生活に見えたのですが、その夫婦にはちょっとした悩みがありました。それは、家の中に大家さんの荷物が置かれたままになっていて、時々大家さんが荷物を取りにやってくること。勝手に家の中に入ってきて、昼寝をしていたこともあったんだとか。田舎の大らかさだと、笑って楽しむ余裕が必要ですね(笑) ちなみに、上記Tさんの借家にも、大家さんの荷物はたくさん置いてありました。

去年の夏、静岡から遊びに来た友人夫婦は、伊那谷が気に入って住むところを探していました。村営や町営の住宅が安い(1万円台からある)のですが、入居するためには当然ながら保証人が必要です。この保証人には、「近くに住んでいる人」という条件が付いていました。県外に住んでいる親兄弟ではダメなんですね。友人夫婦はあれこれと悩んだ結果、とある市の「地域おこし協力隊」に採用されて、今は上伊那に住んでいます。

さて、我が家の場合。伊那谷が気に入って移住を決めた私たちは賃貸は全く考えず、最初から中古住宅を探しました。ネットで物件を探して、不動産屋さんと連絡を取り、実際に物件をいくつか見せてもらって、気に入ったところを購入しました。
条件は、山が見える静かなところで、近くに家が少なくて、夫の貯金で買えるところでした。ピッタリなんですよ、今の家。平成元年の建築、使いやすい間取り、二人暮らしにちょうどいい大きさ(2LDK)です。冬の日当たりが少々よろしくないということを除けば、これといった問題はありません。これからも大切にしていきます(笑)

我が家の隣も空き家で、持ち主が年に数回来て泊まっています。我が家から少し上がったところにも空き家があり、こちらはボロボロで、持ち主が来ているところは見たことがありません。他にも空き家は数件・・・状態はそれぞれですね。

空き家はたくさんありますが、売ったり貸したりする人はあまりいないようです。なぜかというと、昔からそこに住んできた持ち主が、他人に売ることに抵抗があるから、と聞いたことがあります。
貸すにしても、長年誰も住んでいなかった家なのでリフォームが必要だったり、家の中の大量の荷物を片付けなくてはならず、それが面倒だったり採算が合わなかったりするそうです。
空き家の持ち主が遠くに住んでいて、全く管理されていないところも多いですね。

我が家は、ちょうどいい程度の家がちょうどいいタイミングで見つかって良かったなぁ、としみじみ思います。縁があるところとは、こんなふうにうまくいくものなんでしょう。今日も我が家は平和です。


IMGP9113_サイズ変更
仕事場から見える南アルプス。左が塩見岳、右が荒川岳。  松川町にて(2015年2月28日)

IMGP8860_サイズ変更
降雪後の柴犬さん。  松川町にて(2014年12月)


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

空き家 

なるほど~。うちの実家も今、空き家です。
母は施設です。今はもう姉のものなんですが
やっぱり母がいる間は、触りたくないというのが
心情でしょうか。勿体無いですね、空き家。
うちのまわりなんかどんどん貸家が増えてます。
アメリカ人はあんまり住む場所に固執しないで
どんどん引っ越してゆくので、回転が早い。
で、ご近所、畑付で600まんえ~ん!!
やっすぅぅぅ。日本は住宅価格がどんどん下がって
いるんでしょうか。アメリカはまた住宅バブルを作ってます。

古民家に柴犬、、、よく似合いますね~♡。
  • posted by ハチママ 
  • URL 
  • 2015.03/06 10:10分 
  • [Edit]

NoTitle 

ハチママさんの実家、空き家なんですね。
私が勤めている施設にも、息子娘夫婦と暮らしていたり、施設に入っていたりで自分の家は空き家という方が多いですよ。おそらくもう、その家に戻ることはないんですけど、そのまま置いてあるみたいです。
アメリカの住宅事情も面白そうですね。アメリカ映画では家を売り買いしてる場面をよく目にしたような・・・いきなり家の壁をぶちぬいて改修してたりとか(笑) 家に対して気軽な印象がありますね。
田舎でも、住宅団地のようなところや国道の近くなど便利なところは何千万もしますけど、我が家の周りの土地は安いほうですね。600万円の中古家の土地は500坪以上ありますよ。いかが?(笑)

このへんの柴犬率は高いような気がします(笑)
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2015.03/07 06:14分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。