FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

HARUHISA WATANABE EXPEDITION

IMGP6699_サイズ変更
渡邊くんも走ったことがあるかもしれない道。  新彊ウイグル自治区にて(2012年10月)


2012年12月26日、渡邊大剛(はるひさ)くんがロシアで交通事故に遭いました。ロシアを自転車で走行中に車に追突されたのです。
渡邊大剛くんというのは、世界7大陸の最高峰を日本人最年少で登頂し、その後は自転車で冒険の旅をしている人でした。

私たちが渡邊くんと出会ったのは2012年の夏。中央アジアのタジキスタンでした。
渡邊くんは東から西へ、私たちは西から東へ向かう旅の途中、すれ違う形で泊まった宿での出会いでした。渡邊くんと宿で一緒だったのは1週間だけでしたが、一緒に料理をしてごはんを食べ、買い物をし、たくさんおしゃべりをして過ごしました。辛いことでも楽しそうに語る彼の話は、どれも面白くて魅力的でした。私たちの旅で、最も印象に残る人が渡邊くんです。(こちらもご覧ください→旅で出会った忘れえぬ人

日本に帰ったら再会する約束をして別れた4ヵ月後、渡邊くんは帰らぬ人となり、私たちの再会の約束は果たすことができなくなってしまいました。
もう一度、いや何度でも、渡邊くんに会いたかった。旅の話、山のこと、もっとたくさん聞きたかった。でも、もうその願いは叶いません。

先日、嬉しいメールが届きました。渡邊くんのご両親からです。メールには、渡邊くんが記した旅の記録と写真が、ホームページで公開されることになったと書かれていました。
彼が旅の間に感じたこと、考えたこと、彼が見ていた世界が、このホームページに詰まっていきます。彼と会って話すことはもう叶わないけれども、彼の遺した日記と写真が、たくさんのことを私たちに語ってくれます。渡邊くんが”本気で挑んだ”旅の記録です。
渡邊くんの記録  HARUHISA WATANABE EXPEDITION

渡邊くんに会ったことがない人でも、このホームページを見れば、彼独特の面白みや繊細さ、人柄の良さを感じることができると思います。彼の撮った写真がとても素敵です。

たくさんの記録と写真を遺してくれた渡邊くん、そしてそれを公開してくださったご両親に深く感謝いたします。ありがとうございました。



展望台_サイズ変更
7大陸最高峰の一つ、アコンカグア(6960m)  アルゼンチンにて(2010年11月)

P1020664_サイズ変更
同じく7大陸最高峰の一つ、朝日に染まるキリマンジャロ(5895m)  タンザニアにて(2010年3月)

関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。