FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

田舎暮らしのおトイレ事情

P1040533_サイズ変更
ポルトガルの黄金期・大航海時代を称えるオブジェ。  ポルトガル・リスボンにて(2010年7月)


今日から12月です。早いものですね。仕事を始めてから半年、恐ろしい速さで毎日が過ぎていきます。
数日前になりますが、11月28日は太平洋の日だったそうです。1520年にマゼランが海峡を通過して太平洋に出たのが11月28日で、穏やかな大洋だったことから「Pacific Ocean(太平洋)」と名付けたんだとか。いろんな記念日があって面白いですね。本題とまったく関係なくてすみません。貼り付ける写真がなかったので無理矢理です(笑)

さて本題はおトイレです。
先日、トイレの汲み取りに来てもらいました。信州に引っ越してきてから初めてです。
こちらに越してきて、旅に出ていた期間を除いて、約2年半は汲み取りをしていなかったことになりますね。この家を購入するとき、売主さんから「ぶっちゃけ2年くらいは汲み取り無しで大丈夫」と言われていました。

我が家には普通の洋式便器が据付けられていていますが、汚物は外の便槽に溜まる仕組みになっています。便槽がいっぱいになったら汲み取りが必要です。二人暮らしだし、紙は流さないようにしているので、溜まる量が少ないということもありますが、2年半汲み取り無しってすごいですよね。
汚物を肥料として使う、ということもチラッと考えましたが、、、、今回はやめておきました。

今回の汲み取り代金は12800円。普通の家庭では5000~6000円が相場ということなので、我が家はその倍以上でした。我が家の便槽は一般家庭で使われているものよりも、大型のものが設置されているとのこと。便槽のフタは鉄製で、腐食して小さな穴が開いてしまっていました。取り替えようと思ったら、今の規格では同じサイズのフタが見つかりませんでした。苦肉の策として、肥料などが入っていた厚手のビニール袋に便槽のフタを入れて使っています。これが意外とピッタリで、非常に具合がいいですよ。

このあたりの下水道は、我が家からちょっと下った県道には通っているらしいのですが、今のところ我が家とつながる予定はありません。
下水道使用料金ってお高いです。ここでは基本使用料1800円プラス二人世帯は2500円。税別です。これが毎月かかります。今回の汲み取り料を月割りにしてみると、一月あたり430円弱ですから、下水道料金の1/10です。

我が家の生活排水は庭に埋設された簡易浄化槽で処理されています。こちらは定期的に掃除が必要ですね。
トイレの汲み取りに来たおじさんが、浄化槽も点検してくれました。衛生のプロのおじさんの評価は、「案外キレイ」というものでした。
油で汚れたお皿やフライパンは拭き取ってから洗っているし、煮物の汁も新聞などに吸わせて燃えるゴミに出しているし、米のとぎ汁は畑や堆肥場にまいていますからね。面倒だけど、小さな積み重ねが評価されたようで嬉しかったです(笑) 

我が家の浄化槽の場合、清掃は一回4000円です。
新築した私の実家は合併浄化槽で、年1回清掃して1万円くらいかかっていたと思います。
私の友人のところでは、地域で浄化槽を共有していて、その管理費が月に数千円(?)かかると聞いたことがあったような・・・

我が家のご近所は、昔ながらの汲み取り式トイレのところも多いようです。いわゆる「ぼっとん便所」というやつですね。私が子供のころに住んでいた家も、この「ぼっとん便所」でした。夏になると虫が湧くこともあってドキドキでした。
私が通っていた小学校のトイレもぼっとん式。ずらりと並んだトイレの床下は全部つながった空洞になっていて、そこに大量にブツが溜まるようになっているんです。落ちてしまいそうで怖かったですよ(笑)

世界中のトイレについてはこちらをご覧ください。 → 世界のトイレ


201007P1040496_サイズ変更
ユーラシア大陸最西端・ロカ岬から大西洋を望む。  ポルトガル・ロカ岬にて(2010年7月)


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

ぽっとんですか・・ 

こんにちは
カテゴリから覗かせていただきました。

移住されたのですね~
我が家、今半々(週末のみ)暮らしです。
いずれ移住予定ですが、まだ時期が確定していません。

田舎のトイレはぽっとん、まだありますよね。
幸いかどうかウチの田舎家は数年前に下水道が通ったところでした。
でも、街より上下水道代が高めです。

ミミズコンポストの記事も拝見しましたが
畑作りをしているのに、ミミズがどうも苦手でして・・。
ましてオットは大学の卒論にはミミズの研究がテーマだったということなんですが・・・
ミミズ・・・・・たぶん一生慣れません(汗)
またお邪魔させていただきますね。
  • posted by capri 
  • URL 
  • 2014.12/01 12:18分 

はじめまして 

capriさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

私たちも移住前は週末に通ってました。それはそれで楽しかったですけど、片道300kmありましたから結構大変でした。

ご主人がミミズの研究をしていたとは面白いですね。
ミミズは私も苦手でしたけど、畑をやるようになってから平気になりました。まあ、今でも草むしり中に突然出てくるとビックリしますけどね。素手で触るのは抵抗があるのですが、軍手をしていると何でも平気で触れるから不思議です(笑)
「ミミちゃん」という愛称をつけて呼んでいると、親近感が沸いて可愛く感じられるようになりますよ。良かったら試してみてください(笑)

また遊びに来てくださいね。私もお邪魔させていただきます☆
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2014.12/02 19:19分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。