FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

鈴虫観察記録

IMGP8741_サイズ変更
天竜川と中央アルプス。  (2014年10月)


鈴虫たち(愛称すずちゃん)が我が家へやってきたのは8月末。オスは背中が平らで、メスは丸みを帯びています。
我が家に来たばかりのころは小さいのやら大きいのやらがいて、しばらくは鳴くこともありませんでした。1週間ほどが経ちようやく鳴き始めたものの、最初のころはちょっとぎこちなくてあまり上手じゃありません。鳴くのは暗くなってからで、人の気配を感じると「ピタッ」と止まってしまいます。

我が家に来てから1ヶ月が過ぎて、だんだん鳴き慣れてくると、それはもうキレイな音色を一晩中響かせるようになりました。そうなると、人の気配なんてまったく関係なく、昼でも夜でもずーーーっと鳴いています。エサをやるために箱のふたを開けても、すずちゃんたちはお構いなしです。オスが羽を「シャキーン!」と広げて震わせている様子は、精巧なメカのようです。あれでどうしてあんなにキレイな音が出るんでしょうね。見ていると面白いですよ。

エサは、ナスとキュウリと削り節。なかでも削り節がお気に入りで、すぐ食べに来ます。この警戒心の無さで大丈夫???

10月の半ばを過ぎると、すずちゃんたちは徐々に元気がなくなってきました。鳴き声はガサガサした感じで弱々しくなっています。羽は擦り切れてボロボロになってしまいました。

普段は床の間に置かれているすずちゃんたちですが、最近寒くなってきたので、飼育係の夫が、昼間日当たりの良い窓辺に移動させています。すると、すずちゃんたちは日の当たる枝の上に出てきて、仲良く並んで日向ぼっこをしているそうですよ(笑)

そして11月に入った今も、弱々しい音をたてています。もうすぐ別れの予感・・・でも、卵をたくさん産んでくれているはずなので、来年の夏には可愛いすずちゃんの子供が生まれてくることでしょう。それまでしばしのお別れです。


IMGP8746_サイズ変更
羽を広げたオス(左)とメス(右)  (2014年11月)


にほんブログ村に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。