FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

鈴虫

IMGP8108_サイズ変更
美味しそうになってきたりんご。  (2014年9月)


8月末のことです。施設に通ってきている利用者さんから、鈴虫を分けていただきました。「たぶん鳴くと思うんだけど・・・」と言って、虫かごにたくさんの鈴虫を入れてくれました。小さなものから大きなものまで、数十匹の鈴虫ちゃんたちが、小さな虫かごの中にひしめいています。
我が家に来て初めての夜、わくわくしながら鈴虫ちゃんたちを見守りましたが、まったく鳴かない・・・こんなにいるのに、すべてメスということはあるまい・・・が、まったく鳴かないんです。

この虫かごでは狭すぎるのだろうということで、プラスチックのケースを買ってきて、新居を作成しました。
快適そうな新居に引越しをさせたあとも数日はまったく鳴かず。私たちをやきもきとさせましたが、もらって来てから1週間ほどで遂に、「ジ・・・リリ・・・リリ・・・」などと、ちょっと不器用そうに鳴き始めました。
キレイな音色を響かせるものと、ちょっと下手なものがいます。鳴き始めてから数日経つと、みんな上手になってきました。もらってきてから約1ヶ月経った今では、毎晩キレイな鈴音の大合奏です。

この鈴虫ちゃんたち、交尾をしたあとオスはメスに食べられてしまい、メスは卵を産んだあと死んでしまうんですね。オスがメスを誘う美しい音色、いつまで楽しめるでしょうか。儚さを感じてしまいますね。

こんな風に虫の音を愛でる国民は日本人だけなんでしょうか。前に、日本映画の夏のシーンを見た外国人が、蝉の鳴き声を「雑音」に感じたという話を聞いたことがあります。虫の音を愛でる文化の国際比較、調べてみたら面白そうですが、これはまた別の機会にでも。

さて、気になる鈴虫ちゃんたちのおうち。カインズホームで売られていた蓋付きハードコンテナ880円を使用。ケースの蓋には空気穴をびっしりと開けました。ミミズコンポストに続く、夫の工作シリーズです。
ケースの中には天然ヤシ100%の園芸用土を敷き、虫たちが身を隠せるような木の枝を入れてあります。鈴ちゃんたちは湿気を好むので、土は湿らせてあります。

鈴ちゃんたちは雑食なので何でも食べるらしいのですが、我が家のえさはナスとキュウリと削り節。削り節がお好みのようで、よく食べています。蚊取り線香で弱ってしまうと聞き、部屋に蚊取り線香を焚くときは、鈴ちゃんたちを別室に避難させています。ミミズちゃん同様、夫(←我が家の生きもの係)が甲斐甲斐しく世話をしていますよ。


IMGP8341_サイズ変更 IMGP8338_サイズ変更
我が家の手作り鈴虫ハウス


にほんブログ村に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

はじめまして 

はじめまして、ハチママと申します。
信州の美しい自然の風景とそれにまつわる
興味深いお話を楽しみにいつも拝見させてもらって
います。
鈴虫、いいですねぇ。
わたしは海外在住なので、鈴虫の音が聞けない。
懐かしい音色です。
  • posted by ハチママ 
  • URL 
  • 2014.09/23 08:57分 
  • [Edit]

ハチママさん、はじめまして。 

海外からのご訪問、ありがとうございます。嬉しいです。
どちらにお住まいなんでしょう。そちらに鈴虫はいないんですね。
鈴虫ちゃんたちは今が最盛期のようで、一晩中きれいな音を響かせています。
また遊びに来てくださいね。
  • posted by おにし 
  • URL 
  • 2014.09/24 06:20分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。