FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

新茶が届きました

chaIMGP7549_サイズ変更
新茶のケーキと新茶カスタードクリーム。  (2014年6月)


このあたりは関東と同じ日に梅雨入りしました。今年はちょっと早い気がします。「梅雨」とはうまく書いたもので、梅の産地でもある我が村では、あちこちで梅の収穫をしているのを見かけます。お店には梅酒や梅干を作るための道具がたくさん並んでいますね。

ちょっと前に、静岡の知人より新茶が届きました。周智郡森町三倉で採れる三倉茶です。送ってきてくれたのは、旅で出会った渡邊くん(旅で出会った忘れえぬ人)のご両親です。(ありがとうございます!)ここのお茶はとっても美味しいんですよ。新茶もとても美味しいですね。三倉茶を飲んでからは、他のお茶が物足りなく感じるようになってしまいました。我が家に遊びに来たゲストにこのお茶を出すと、みんな「美味しい」と言って喜んでくれます。

これまでもお茶を使ったお菓子やパンを作っていたので、この新茶でもパンやケーキを焼いてみましたよ。パンやお菓子にお茶を入れるときは、すり鉢ですって粉にしてから使います。抹茶のように鮮やかな色にはなりませんが、深い緑色になり、苦味が楽しめます。

今回は、カスタードクリームを作って、そこに粉にした緑茶を混ぜた緑茶カスタードクリームや、濃いめに入れた緑茶で寒天を作ってみました。緑茶カスタードクリームは、茶葉が完全に粉ではないため、ちょっとざらざらの舌触りになってしまいましたが、しっかりとした苦味がある大人の味がします。
緑茶寒天は、スーパーに無料で置いてあるレシピに載っていたものです。レシピではゼラチンを使っていましたが、我が家では寒天で作りました。それにあずきときなこをかけていただきます。緑茶の苦味とあずきの甘さがよく合って、くずもちを食べているような錯覚をしてしまいます。錯覚ですよ(笑)

さらに、粉にしたお茶を溶かしたホワイトチョコに混ぜて、お茶チョコクリームを作ってみました。パンに塗って食べています。美味しいですよ、これ。

新茶ではありませんが、やはり去年いただいた三倉のお茶で仕込んだ緑茶酒を解禁しました。暑いので水割りにしています。苦味が強かったため、飲むときにはハチミツを入れています。すっきりとした苦味の緑茶酒、なかなかいけます。おすすめですよ。

先日遊びに来た友人夫婦は浜松在住で、お茶の新芽を天ぷらにして食べるそうです。美味しそうですね・・・お茶畑のないこの辺では無理ですが、新茶を粉にして天ぷら粉に混ぜたらいいかも、と思いました。たい焼きの生地に混ぜてもいけそうです。これからもいろいろなものを試してみたいですね。


<緑茶酒の作り方> 緑茶50g、氷砂糖50g、ホワイトリカー600ccを保存ビンに入れて冷暗所に置く。二ヶ月ほどで飲めるようになる(と思う)。

<緑茶寒天の作り方> お湯200ccに粉寒天小さじ2を振り入れ、よくかき混ぜて溶かす。そこに濃い目の緑茶300ccを加え混ぜる。冷蔵庫で冷やし固める。固めが好きな方は寒天の量を増やしてください。お好みで小豆や黒蜜、きなこなどをかけてくださいね。

chaIMGP7582_サイズ変更  chaIMGP7574_サイズ変更
(左)緑色がキレイな緑茶酒(ハチミツ入り)  (右)緑茶寒天にあずき

chaIMGP7531_サイズ変更  chaIMGP7581_サイズ変更
(左)ホームベーカリーで焼いた緑茶パン  (右)緑茶パンにクリームチーズとあずき


にほんブログ村に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。