FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

田舎で暮らす

201310IMGP6814_サイズ変更
庭には生き物がいっぱい。  (2013年10月)


ここ数日、暑いですね。このあたりでも25度を超えています。昨日の朝の気温は14度、昼間は27度近くまで上がりました。

先日、友人夫婦が我が家へ遊びに来ました。彼らとは、旅をしていた2010年にナミビアで会って、少し話をしただけだったのですが、私たちが伊那谷へ移住したことについて興味を持ったようでした。今回、彼らが我が家へ来たのは、伊那谷へ移住するための住居探しです。そしてなんと、我が村の村営住宅への入居を考えているとのこと。その日は村営住宅を見学させてもらってから、その足で我が家を訪れてくれたのです。最初の1年くらいは賃貸で暮らしながら、そのうち中古住宅を探したい、とのことでした。

それもアリだな、と思いました。実際に住んでみないとわからないことっていうのがたくさんありますからね。村営住宅を借りるためには、当然ながら保証人が必要なのですが、その保証人は県外に住んでいる人では認められないということでした。友人夫婦は以前伊那市でWWOOFをやっていたことがあり、そこのオーナーに保証人をお願いしてみると言っていました。所得証明などが必要なので、私たちは保証人になれないんですね(苦笑)

私たちは、伊那谷に移住すると決めて、中古住宅を探して購入して引っ越しました。近くに親戚縁者・友人知人は一人もいない状態での移住でした。新しい環境での新しい生活への期待が大きくて、多少の不安や家族と離れる淋しさはありましたが、それほど気になりませんでした。

そんなふうにして始まった私たちの生活は、今のところ特にこれといった問題はありませんね。
国道までは2kmほど。村にはコンビニとスーパーが一軒ずつあります。車で10分ほど行った隣町には総合病院があり、15分ほどで温泉にも行けます。近所に変わった人はいませんし、静かで暮らしやすいところです。

住んでからわかった誤算といえば、冬の日当たりが悪い、雨の日のトイレの流れが悪い、燃料代が高い、水道代が高い、ゴミ袋代が高い、地区の組合費が高い、といったところです。
冬の日当たりというのは、この寒い地域では重要なのですが、どうすることも出来ませんね。日当たりが悪いのは午前中だけなので最悪というわけではないのが救いです。家をお探しの方は、家の南に日差しを遮るものがないか、よく確認することをお勧めします。夏と冬では日の出る角度が思っている以上に違いますから要注意ですよ(笑) (伊那谷で言うと、天竜川の左岸(東側)は日が当たり始める時間が遅いです。右岸(西側)は日の当たり始めは早いのですが、東側と比べると雪が多いようです。)

あとはやはり、家計の問題になってきますね。田舎なので車無しの生活はできませんので、燃料代が高いのはキツイですね。就職先は自転車で通えるところを最優先にし、本当に必要なとき以外は車には乗らないようにしています。(このあたりでは日常の足として自転車に乗っている人がほとんどいないので、かなり驚かれて珍しがられています。)5月のガソリン代は2700円弱です。プロパンガスは高いので入れていません。

そして、組合費というのも結構重要で、同じ村でも地区によって金額が違うので、高いところもあれば、それほどでもないところもあるようです。ちなみに我が家の地区では、組合に加入するときに必要な加入金が5万円、毎月の地区費が2300円、土木費が300円なので、毎月2600円納めることになります。年間で31200円になりますね。(地区を脱退するときは、3万円の餞別がいただけるらしい。)伊那市に移住してきた知人のところでは、地区費が最初の年は50万円もかかったとのことでしたよ。
我が家の地区では、ありがたいことに「地区協力費」というものがあって、それが年2万円。それを納めていれば、地区に加入しなくてもよい(?)という制度です。この協力費を納めると、地区の共同ゴミ捨て場を利用することができます。地区の行事に参加することもなく、役員がまわってくることもありません。地区に加入しないと、近所の人から白い目で見られたり、村八分にされるのではないかという心配もありましたが、そんなことはなく、野菜をいただいたり、畑を貸してもらったり、いいのだろうかと思ってしまうほど良くしてもらっています。

2013年に山口県の限界集落で起こった事件などを考えると、田舎で暮らすということは、家の立地条件もさることながら、ご近所の人間関係が最も重要といえるかもしれませんね。これも住んでみなければわからないことですが、見学のときにピピッと感じるものがあるかもしれません。神経を研ぎ澄ましましょう(笑)
せっかく田舎でのんびり暮らそうと思っているのですから、ストレスなく生活したいですね。

IMGP7478_サイズ変更
通勤中に見たキジの夫婦。  (2014年5月)

にほんブログ村に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。