FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

お漬け物

tukemonoP1120609_サイズ変更
オリーブととうがらしのピクルスがたっぷり載ったオードブル。  クロアチアにて(2011年12月)




私はお漬け物が好きなのですが、夫は漬け物嫌いで一切食べません。先日、知人から、手作りの粕漬けとキムチをいただいて喜んでいたら、その強烈なにおいで夫が嫌~な顔してました。お漬け物、美味しいですよねぇ。私はお漬け物だけでごはんが済んでしまいます。


我が家の夕食は(一応)一汁二菜が基本です。メインのおかず一品プラス、サラダやおひたしなどの野菜になるのですが、面倒なときはメインのみになってしまうこともあります。お漬け物でプラス一品という手抜きができません。


お漬け物は発酵食品ですから乳酸菌が豊富です。この乳酸菌は植物性です。動物性の乳酸菌と違って、生きたま腸へ到達することができ、悪玉菌を退治してくれます。そして食物繊維も豊富です。これはコレステロールを吸収して排出してくれるんですね。また、加熱していないので、熱に弱いビタミンが豊富に残っているとのこと。


日本の漬け物の歴史は2000年も遡ることができ、そのころ塩漬けが作られていたことがわかっているそうです。そして、奈良時代の記録には漬け物が登場。そのころは青菜や瓜を塩漬けにしていたそうです。その後、酒や味噌、しょうゆなどが加わって多様になっていき、江戸時代になると、保存だけの目的ではなく、短期間だけの漬け物(一夜漬けや当座漬け)などが研究されるようになったとか。ぬか漬けも登場し一般家庭に広まったそうです。江戸時代というのは、本当にいろいろな文化が花開いた時代ですね。


世界中に漬け物がありますが、日本の場合、ぬか漬け、味噌漬け、粕漬け、しょうゆ漬け、もろみ漬けなどなど、その種類の豊かさは群を抜いています。こんなところでも日本はすごいなぁ、と感心してしまいます。日本食、世界遺産になりましたもんね。


いろいろ書いていたら、無性に漬け物が食べたくなってしまいました。ぬか漬けでも始めようかしら。やったことないんですけど。
これを読んだ夫が、少しでも漬け物に興味を持って、ちょっと食べてみようかな、という気持ちになってくれたらいいなぁ、と淡い期待を抱いています。


tukemonoIMGP8222_サイズ変更
カツレツのプレートにはキュウリとピーマンのピクルスが添えられていた。  チェコにて(2011年11月)


tukemonoIMGP7461_サイズ変更
韓国の食事は必ずキムチ付き(無料)。  韓国にて(2013年1月)


旅の記録はこちら  なかっぴー通信NEO


にほんブログ村に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。