FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

4月の畑

IMGP7348_サイズ変更
強い生命力を感じるインゲンの発芽。  (2014年4月)




久しぶりに雨の朝です。もう13日も雨が降らず、畑も庭もカラカラでした。昨日は塵(?)が酷くて、晴れているのに霞んでしまって、山がまったく見えませんでしたよ。


3月29日に種まきをしたインゲンが、4月12日に発芽しました。芽を出したのはポットに蒔いたものです。同じ日に畑にも蒔いたのですが、そちらはまだ芽が出ていません。ポットには水やりをして畑には水やりをしていないので、その差なんでしょうか。
同じ日、ポットに絹さやも種まきしたのですが、それは発芽していません。絹さやは2009年に買った種なので、発芽しないのかも知れませんね。やはり同じ日に畑に蒔いたエンドウ、昨日発芽していました。ソラマメは花を咲かせました。絹さや以外は、豆類順調です。


大根の種を蒔いていたことをすっかり忘れていて、見に行ってみたら発芽していました。セルトレイに蒔いたナス科の野菜はまだ芽が出ていません。


4月11日、借りている畑へタネイモの植え付けをしました。元は田んぼだったところで、土が粘土質であまりにも不安だったので、できるだけ庭の畑に植え付けて、余った分を借畑へ植えました。よく考えてみると、じゃがいもの原産地は南米アンデス地方で、寒冷地で土が痩せていても育つという強い野菜です。じゃがいもの生命力を信じます。


庭に自生しているミツバが芽を出していました。ちょこっとあると便利な野菜ですよね。ニラと同様、勝手にやってくれるえらい野菜です。ありがたいですね。このあと勝手にやってくれる予定の野菜はミョウガです。去年、竹根を掘る都合で、強制的に引越しをさせてしまったので、芽が出るまでは心配ですね。


ほうれんそうを収穫しようとしたら花が咲きそうになっていました。ほうれんそうの花というのは初めて見ました。お年寄りから、花がついても早いうちなら軟らかいので食べられる、と聞きました。興味があるので食べてみたいと思ったのですが、やはり種を採るために残すことにしました。


実家から送ってもらった種で育てた「かきな」も収穫できました。実家のものよりずっと小振りです。長野は関東よりずいぶん寒いせいでしょうか。「かきな」というのは、栃木県南部で食べられている野菜です。茹でておひたしにします。私は茹でたものに、おしょうゆだけをかけて食べるのが好きです。甘味が感じられて、美味しいんですよ。
かきなについてはこちら かきな


IMGP7332_サイズ変更
ほうれんそうの花。  (2014年4月)


IMGP7321_サイズ変更
勝手にやってくれているミツバ。これから活躍してくれます。  (2014年4月)


にほんブログ村・半農生活に参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。