FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

我が家の家計簿

IMGP7198_サイズ変更
里には春の気配が感じられるようになった。  (2014年3月15日)




結婚してから、ずっと家計簿を付けています。付け始めたばかりのころは、使った金額をざっくりとノートに書いていただけでしたが、最近は買ったもの一つ一つの値段を費目別に細かく記入しています。お店の名前も入れています。前に買ったアレ、いくらだったっけ?と思い出せないときや、他のお店と価格の比較をするのに便利です。まあ、時間があるから出来ることなんですけどね。


今までノートに手書きしていた家計簿を、我が家のエクセル風表計算ソフトで作ってみました。その月のシートを開くと、一番見やすいところに1ヶ月の支出が表示されるようにしました。支出が一目瞭然で、とてもわかりやすくなりました。
私の中で、1ヶ月10万円以内(国民年金や保険・税金含む)を目標にしています。内、食費は1万5千円を目安にしています。お米は夫の実家から送ってきてもらっているので、お米代がかからないことを思うと、二人で1万5千円は余裕のように感じるのですが、気を抜くと超えてしまいます。


ここは水道料金がちょっとお高めで、ひと月の基本料が1774円です。奇数月は基本料プラス使用料を支払います。使用量は、ふた月で10㎥が目標です。なぜかというと、使用量10㎥を超えた分から、料金が少し高くなってしまうからです。でも、シャワーをたくさん浴びる夏場は10㎥を超えてしまいますね。


寒い季節は石油ストーブを使っているので、灯油代がひと月2000円から3000円弱かかります。
度々このブログに書いていますが、我が家はプロパンガスは使っていなくて、調理用にカセットコンロを使っています。ガス代はひと月1200円から1500円くらいです。


電気はどうしても、冬になるとたくさん使ってしまいますね。外の水道管の凍結防止のため、電熱線を巻いているからです。これは、他に対策のしようがないので、どうしても必要なものです。夏はエアコンなしで過ごせるので、夏場の電気使用量は一日平均2kwh以下ですが、冬は一日平均7kwhにもなってしまいます。
電気料金は4月から値上がりするんですよね。これは、原発停止により火力発電量が増えたためです。原発はなくなったほうがいいと思いますが、火力以外の発電がもっと増えてほしいですね。


国民年金は、今は15040円ですが、4月からは15250円に上がります。現在我が家は所得なし(貯金で生活中)なので、免除してもらうことも可能なのですが、免除したら、その分の受け取り額が下がってしまうわけで、これは将来への投資だと思って、きちんと納めています。納付方法はクレジットカード払いにしています。毎月こつこつと、カードのポイントが貯まっていくのが、私の小さな幸せになっています。


国民健康保険ももちろん納めていますよ。これは収入によって納める額が決まるので、おそらく我が家は最安なのではないでしょうか。今年は私も40歳になりましたので、介護保険料も併せて徴収されることになるんですね。


家は持ち家なので家賃はありませんが、固定資産税がかかってきます。古い家だし、土地の一部が「原野」なので、税金が安くて助かっています。


携帯電話は二人とも持っていますよ。auで一番安い通話だけのプランです。これ、夫は月980円なんですが、私は月1860円もかかっています。私の場合、機種が古いため、月980円の契約が出来ないという訳のわからない説明をされました。じゃあもう携帯電話は解約してしまおうと思ったら、解約するのに9000円以上かかるっていうんです。なんだか酷いと思いません???私、IDO時代からずっと使っているんですよ。解約金を払うのも馬鹿らしいと思って、今も携帯電話を持っています。働き始めたら、新しい機種を買うか、必要なかったら解約するか、どちらかにしようと思っています。


車の維持費は、2年に一度の車検代が60000円くらいですね。普段、ほとんど車に乗らないのですが、それでもガソリン代はひと月4000円から5000円はかかっています。


気になる夫のタバコ代は、ひと月2000円くらいです。でも遂に、タバコはやめることになったので、来月からはゼロになる予定です。


さて、今、悩んでいるのが生命保険です。みなさん入ってます???
夫は生命保険に入っていないのですが、私は独身時代から入っていた生命保険を継続しています。一応掛け捨てではないものなのですが、解約したときに戻ってくる金額というのは払った額よりずっと少ないですよね。だったら、保険に入れているお金を貯蓄するか投資したほうが良いのでは、と最近考えています。60歳で保険料の払い込みが終了すれば、その後の保障は一生続く、というのには魅力を感じているので、どうしたものか悩みどころです。保険の内容をもう一度精査して、6月の健康診断の結果と併せて、検討してみようと思います。生命保険に詳しい方、アドバイスいただけたら嬉しいです。


ここにこうして書いてみると、節約のしどころはまだまだたくさんありますね。これからも、無駄をなくして質素な暮らしを目指していきます。


IMGP8030_サイズ変更
たまに入る温泉が我が家のプチ贅沢。ここは蒸気に包まれる霧島温泉。  (2013年2月)
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。