FC2ブログ

小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

笑いの効能

P1180330_サイズ変更
サルも笑うそうです。  屋久島にて(2013年3月)




大相撲初場所、早くも終盤戦に入ります。白鵬の独走態勢なのですが、遠藤のうまさも光っています。今日は、その遠藤が、結び前の一番で大関・琴奨菊と対戦します。これは見逃せませんね。


学校には20代から60代までの男女20名が通ってきています。年齢も性別も出身地も過去の職業も、それぞれ違う人たちの話を聞くのはとても楽しいものです。授業はテキストを使った座学と、ベッドや車椅子を使った実技をやっています。2月に入ると施設での実習があり、最後は試験を受けて終了ということになります。
こんなふうに学校へ通って先生の授業を受けるなんて、一体何年ぶりなんでしょうね。とても新鮮で充実しています。内容も興味深くて、毎日があっという間に終わってしまいます。まあ、午後の授業は眠気との戦いになることもあるのですが。 しばらくは、この楽しい学生生活を満喫しようと思っています。


先生は介護福祉士の女性です。良かった探しをするポリアンナのようなポジティブな性格の方で、話しぶりはとても穏やかで、優しさが滲み出ています。こんな人に介護してもらったら幸せだろうなと思えます。講義中には「高齢者の幸せのために自分が何ができるか」「お年寄りは人生の大先輩」「幸せな最期を迎えてもらえるようにお手伝いしたい」などという言葉が自然に出てきます。こういう人の近くにいると、自分も穏やかな気持ちになってくるから不思議ですよね。私もこうありたいと思います。


このポリアンナ先生、いつもニコニコしていて、笑顔が素敵です。笑顔というのは、周りを和やかな空気にしてくれますね。むすっとしている人は(怒っているわけではなくても)、周りに緊張感を与えます。笑顔がいいね、と言われる人間になりたいものです。


ある病院で、患者さんたちを二つのグループに分けて、片方のグループには漫才や落語などを毎日見せて笑ってもらい、もう片方のグループには何もしないでいたところ、笑っていたグループのほうが病気の経過が良かった、というのを聞いたことがあります。
笑いと健康の関係については、たくさんの人が研究しているようですね。糖尿病の人の血糖値が下がったとか、リウマチの痛みが軽減したとか、がんへの免疫力が高くなったとか、人体への良い影響がたくさん実証されています。笑うことによって、横隔膜が刺激され血流促進効果もあるとのこと。 ちなみに、サルも笑うことがわかっているそうです。


大きな声で笑うことがいいようですが、つくり笑いでも効果があるとのことです。健康のために、大いに笑いましょう。


IMGP3441_サイズ変更
犬も笑うような気がしませんか? イースター島で出会った犬「ガリガリ君」 (2010年11月)

旅の記録はこちら なかっぴー通信 イースター島
関連記事
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。