小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

《漢方/食材》 しそ ~赤しそジュース作りました~

IMGP7442_サイズ変更
こぼれだねで勝手に育つ青しそ。しその香り大好きです。(2017年7月)

IMGP7429_サイズ変更
初めて作った赤しそジュース。簡単で美味しくできました。(2017年7月)


関東甲信越は7月19日に梅雨明けしました。このあたりはいつも雨が少ないと感じていたのですが、今年の梅雨も本当に少なかったです。長野県の中部と南部は平年の半分くらいしか降りませんでした。農作物に影響が出ないか心配です。


〈しそ〉五味;辛 五性;温 帰経;肺・脾
・胃腸の働きを助ける。
・葉には各種の精油成分が含まれ、抗菌・防腐作用がある。
・風邪の寒気・嘔吐・不眠症・神経症に効果的。→実は咳止め効果が高い。
・葉としょうがを煮たものは風邪に効く。


赤しそをたくさんいただいたので、初めてしそジュースを作ってみました。以前、もらって飲んだときにとても美味しくて、自分でも作ってみたいと思っていたんですよね。我が家の庭にも赤しそが生えてきますが、ちょっぴりなのでジュースを作ったことはありませんでした。

作り方は簡単です。鍋に7分目くらいお湯を沸かし、そこに入るだけ赤しその葉を投入します。火を止めしばらく放置。ザルで濾して鍋に戻し、再び火にかけ砂糖と酢を入れて、砂糖が溶けるまで煮ます。分量は適当で、味見をしながら自分の好みの味になったところで完成です。お酢を入れると鮮やかな紫色に変わって楽しいですね。

ハチミツと黒糖の二種類を作りました。黒糖で作ったほうは赤ワインのような濃い紫色になりました。お酢は自家製りんご酢を使いましたが、酸味が足りなかったので普通の米酢も足しました。
甘酸っぱくてすっきりする赤しそジュースは疲労回復に効果がありそうです。夏にぴったりの飲み物ですね。


IMGP7427_サイズ変更
朝一番、日光浴をするかめ。

IMGP7399_サイズ変更
暑くてダラッとしているかめ。


関連記事
スポンサーサイト
  • [No Tag]

パッチワークで収納ボックス

IMGP7220_サイズ変更
にんにくの花が咲いていました。キレイですね。(本当は根を太らせるために花は咲かせないほうがいいと言いますが、気付いたら咲いていました。笑)(2017年7月2日)


先月から仕事が忙しくて、雨が降れば休めるのだけど雨が降らず(梅雨なのに)、せっせと働いていました。降っているところではいらないほど降って災害が起こっているというのに、こちら南信州は空梅雨です。被災地の復興が進むことを願っています。

最近はハウスの仕事(花苗)が始まったので、雨でも仕事です。正直、ハウスの仕事はキツイです。体力的にキツイのではなく、不自然で不健康な環境での労働になるので、精神的にちょっと、、、私には向いていないと感じています。しかも夏はあっっっっっついですよ。風がないとじっとしていても汗ダラッダラです。

さて、私のこまごまとした衣類を収納する箱が欲しくて、はぎれを消費するためにパッチワークで作ってみました。
ずいぶん前から作り始めていたのですがなかなか時間が取れず、少し前に完成しました。もうちょっとカッチリとした箱にしたかったのですが、我が家にある接着芯は薄すぎましたね。
パッチワークは手縫いで、箱に縫う作業はミシンにしました。箱に縫う作業は角を出すのが難しくて、何度かほどいてやり直しました。あー、ミシン糸がもったいない・・・

表布に使ったのは、ダイソーで売っているインド綿の生成りのはぎれです。インド綿のざっくりした感じが好きで、ダイソーに行ったときは毎回1、2枚買っています。

基本的に土日はお休みですが、天気がいいと我が家の庭や畑の作業をしているので、休日もやることがいっぱい。しかも今は大相撲もやっているのであっという間に休みが終わってしまいますね。でも、お金を稼げるのは今の季節だけですからね、農閑期に旅することを目標に頑張りますよー。

IMGP7191_サイズ変更 IMGP7190_サイズ変更
出来上がった収納ボックス。

IMGP7195_サイズ変更 IMGP7196_サイズ変更
(左)こんなふうに適当に入れていましたが、、、(右)こんな感じになりました。入っているのは靴下や部屋着などです。

おまけ
IMGP7365_サイズ変更
ジャングルジムみたいなカナヘビ。笑


関連記事
  • [No Tag]

今年生まれ

IMGP6977_サイズ変更
近くの水田で生き物探し中。 (2017年6月)

梅雨入りする前、食欲旺盛になったかめのエサを探しに、近くの水田へ出かけました。ドジョウとかメダカとか小魚とか、その他の水生昆虫を期待していたのですが、そういったものは全くいなくて、いたのはオタマジャクシばかり。
オタマジャクシというのは、小さな網があれば簡単に捕まるものなんですね。さらに夫がカエルの卵を発見したので、網ですくって持ち帰りました。

この世に生を受けたばかりのオタマジャクシが、いきなりかめのエサになってしまうのはあまりにも可哀相なので、ケースに入れて飼うことにしました。
小学生のころ、クラスでオタマジャクシを飼って、カエルに変態していくのを観察したことがあります。足が生えて、手が生えて、カエルになっていく様は本当に不思議で面白いですよね。久しぶりにその変態っぷりを見たくなりました。

かめが入っていたケースに用水路の水を入れて、オタマと卵を入れておきます。オタマはおそらくニホンアマガエル(以下ケロ)で、卵はおそらくトノサマガエル(以下トノサマ)だと思われます。
昼間は半日陰の暖かいところへ置いておき、夜はガレージにしまいます。
水の中にはミジンコのような小さな生き物がいるのが見え、浮き草や藻も日に日に増えていきました。

オタマを捕まえて来たのは6月4日。6月9日には卵が孵り、小さなオタマがたくさん生まれました。
7月4日の朝、いつものようにケースのフタを開けて見ると、ピョン!と小さな小さなケロが飛び出してきました。
カエルになったばかりの小さなケロ、いやぁ、、、可愛い。まだお尻に尻尾の名残があります。がんばって大きくなって長生きしろよー、とエールを送って庭に放します。
その後も次々ケロになりました。ほんと、不思議ですよね、あのオタマがカエルになっていく姿。
庭には近くの田んぼからやってきた今年生まれのケロがたくさんいます。我が家の庭はケロ天国。

IMGP7214_サイズ変更 IMGP7262_サイズ変更
(左)わかりにくいですが、足らしきものが生えてきたオタマ。(右)足だけ生えてるオタマ。トノサマのオタマはまだまだ小さいですね。

IMGP7261_サイズ変更 IMGP7256_サイズ変更
(左)手足が生えてケロらしくなったオタマ。(右)まだ尻尾が長いけど上陸してきたケロオタマ。

IMGP7207_サイズ変更 IMGP7213_サイズ変更
7月4日、我が家で初めてケロになったオタマ。小さな尻尾がついてます。

IMGP7274_サイズ変更 IMGP7277_サイズ変更
昨日(7月8日)、巣立ちをしたケロ。まだ手足の使い方がぎこちないです(笑)


スズムシも無事生まれています。今年は当たり年(?)なのか、うじゃうじゃとたくさん生まれました。スズ飼い仲間(主に職場の人)もみんな、たっくさん生まれたと口を揃えています。去年は少なかったんですよね。去年の倍くらいはいるような気がします。

スズたちが生まれたのは6月8日。
去年は6月5日が梅雨入りで、その日にスズが誕生しています。今年は6月7日が梅雨入りでしたから、入梅のタイミングでスズも生まれてくるようです。
生まれたときは1mmくらいで、ひと月ほどしで5mm以上に成長しています。食欲旺盛で、寝る前に入れた削り節が翌朝にはすっかり無くなってしまいます。まだまだ大きくなりますね。

ちょっと気になっているのは、庭や畑でスズより先に生まれて逞しく生きているコオロギの姿を今年はまだ見かけないこと。
春、いつまでも寒かったし、先日はカラッカラになってしまうほど雨がなかったし、もしかしてコオロギ生まれなかった?と心配でしたが、仕事先の隣町のハウスでようやく見かけました。ああ良かった。

IMGP7080_サイズ変更
削り節に群がるスズの赤ちゃん。わかるかな?(2017年6月15日)


おまけ
IMGP7252_サイズ変更
推定年齢3歳のかめ。実はケロの天敵・・・
以前は水際から離れず、人の気配を察するとすぐに水の中へ逃げてしまったかめですが、最近はカメハウスの中を歩きまわることが多くなり、こうやって時々写真を撮れるようになりました。でも、私があんまり近付くと威嚇してくるんですよ(苦笑)


関連記事
  • [No Tag]

ちょこっと梅漬け

IMGP7135_サイズ変更
甘い香りを放つ梅の実。(2017年6月)

IMGP7137_サイズ変更
我慢できずに収穫。


この時季、地元の女性数人集まると梅仕事の話題になります。
先日も、冷凍してから漬けるといいとか、ラッキョウ酢を使うといいとか、そんな話をしていました。

我が家の隣に小さな空き地があり(三角形をしているので「三角地帯」と呼んでいます)、その隅に勝手に生えてきた梅の木があります。高さは3mくらいで細い木ですが、花を咲かせ実をつけました。

夫が漬け物嫌いで梅漬けや梅干などは食べないので、数年前に漬けたものがまだ残っています。梅酒は義母が漬けたものをもらってきて、まだそのまま置いてあります。(熟成させて、数年後に飲む予定。笑)
そんな感じなので、もう梅は漬けなくてもいいな、と思っていました。

ところが、三角地帯の梅の木の近くへ行くと熟した実が甘酸っぱい香りを放っています。なんだかとっても美味しそう。
やっぱり勿体無いという気持ちになり、梅の実を少し収穫して氷砂糖と酢に漬けました。漬けたあとに、あっ、はちみつ漬けにしても良かったなと思い付き、再び収穫。はちみつにも漬けておきました。

真夏のあっつい日に、氷を入れて飲んだら美味しそう。炭酸水で割ってもいいですね。うーん、楽しみ楽しみ。数年前に漬けたものから先に消費しなくっちゃ。

IMGP6907_サイズ変更 IMGP6909_サイズ変更
静岡の知人が毎年新茶とともに送ってくれる「梅衣(うめころも)」というお菓子です。夫は食べないだろうと思ったら、「これはうまい!」と言って食べてます。美味しいお菓子を私が独占できると思ったのに残念(笑)

IMGP7177_サイズ変更
暑い日には濃く入れたお茶を寒天にして食べます。すっきりして夏にピッタリのおやつです。これはあんこ入り。

IMGP7134_サイズ変更 IMGP7168_サイズ変更
(左)我が家の庭に勝手に生えてきた桑の木が実をつけています。かめ(クサガメ)にあげてみたら食べませんでした。以前テレビで見たイシガメは美味しそうに食べてたんですけど・・・
(右)かわいい実をつけているサルナシ。毎年花を咲かせ実をつけるのですが、いつの間にかなくなっています。今年は収穫できるでしょうか。

IMGP7182_サイズ変更
これも勝手に生えてきた栗の木。まだ実をつけたことがないのですが花を咲かせています。山栗かな?


関連記事
  • [No Tag]

いちごのお菓子

IMGP7019_サイズ変更
いちごのタルトです。カスタードクリームがちょっと少なかったですね。でも食べやすかったです。(2017年6月)

IMGP7034_サイズ変更
いちごとココアのババロア風ケーキ。以前、よく買って食べていたケーキを真似して頑張ってみました。(2017年6月)


今年は庭や畑に植えたいちごがたくさん収穫できました。去年はタヌ吉に食べられてしまうことが多くて、自分たちで食べたのはわずかだったのですが、今年はタヌ吉も来なくなり、草ぼうぼうの中で実っているため鳥に食べられることもありませんでした。
毎朝収穫して、朝食のヨーグルトに載せて食べていましたが、たくさん収穫できた日は残しておいて溜めておき、憧れのいちごケーキを作って楽しみましたよ。


いちごのタルト(18cmのタルト型1台分)
IMGP7017_サイズ変更

<タルト生地の材料>
薄力粉 170g
塩 小さじ1/2
きび砂糖 大さじ1
油 40g (我が家ではグレープシード油を使っています。)
牛乳 60g
<作り方>
粉類を合わせてボウルに入れ、油を加え揉むように混ぜる。ボロボロになったら牛乳を少しずつ加えて混ぜ、一まとめにする。2mmくらいの厚さに伸ばして型に敷き、フォークで底に穴を開ける。180℃で25~30分焼く。そのまま冷ます。

<カスタードクリームの材料>
卵 1個
きび砂糖 30g
薄力粉またはコーンスターチ 20g
牛乳 200ml
<作り方>
卵、砂糖、粉をよく混ぜ、牛乳を少しずつ加えてよく混ぜる。火にかけてとろみをつけ、バットなどに広げて冷ます。
※タルト台はいつも同じで上に載せるフルーツを変えて、キイチゴや洋梨、りんごなどのタルトにしてます。


寒天で作るいちごとココアのババロア風ケーキ(18cmの丸型1台分)
IMGP7033_サイズ変更

<ココアババロアの材料>
熱湯 100ml
粉かんてん 2g(小さじ2)
牛乳 350g
砂糖 大さじ2
純ココア 20g → お湯 大さじ2くらいを加えて溶かしておく。
片栗粉 大さじ2 → 水 大さじ2を加えて溶いておく。
<作り方>
熱湯に粉かんてんを振り入れて、火にかけながらかき混ぜて溶かす。温めた牛乳と砂糖、お湯で溶いたココアを加えてよく混ぜる。
水溶き片栗粉を加えてよく混ぜたら火にかける。ドロドロになったら火から下ろし、型に流し入れて冷やす。

<いちごババロアの材料>
熱湯 100ml
粉かんてん 2g(小さじ2)
牛乳 350g
砂糖 大さじ1
いちご 120g → 砂糖 大さじ1/2をまぶしてしっとりさせておく。
片栗粉 大さじ2 → 水 大さじ2を加えて溶いておく。
<作り方>
熱湯に粉かんてんを振り入れて、火にかけながらかき混ぜて溶かす。温めた牛乳と砂糖を加えてよく混ぜる。
しっとりさせたいちごと水溶き片栗粉を加える。よくかき混ぜながら火にかけてドロドロにする。
粗熱が取れたら、ココアババロアの上に流し入れて冷やす。

<いちごかんてん>
いちご 50gくらい → 砂糖 大さじ1をまぶしてしっとりさせて、ペースト状にする。
熱湯 100ml
粉かんてん 2g(小さじ2)
<作り方>
熱湯に粉かんてんを振り入れて、火にかけながらかき混ぜて溶かす。いちごのペーストを加えてよく混ぜる。
粗熱が取れたらいちごババロアの上に流し入れて冷やす。

ちょっと気合いを入れて作ったいちごとココアのババロア風ケーキです。冷凍しておいたココアのスポンジを挟みましたが、なくても良かったなと思いました。粉かんてんはいつも「かんてんぱぱ」の顆粒タイプを使っています。砂糖は基本的にはきび砂糖なんですが、いちごの色をそのまま出したかったので、いちごの方はグラニュー糖にしました。はちみつでも良かったかもしれませんね。


遂にいちごは終わってしまいました。すこしだけ冷凍してあるので、何にしようか考えているところです。
今年もランナーを伸ばして出来た苗を取っておき、秋に植え替えて、来年もたくさん収穫できるようにしたいです。楽しみですねー。


IMGP6972_サイズ変更 IMGP6971_サイズ変更
朝日を浴びてキラキラ輝くいちご。

IMGP6919_サイズ変更
多いときはこのくらい収穫できました。


関連記事
  • [No Tag]

庭に水が湧いたらいいな

IMGP7130_サイズ変更
水浸しになっている我が家の庭。(2017年6月)

今朝はようやく雨になりました。もう13日も雨がなくて畑はカラッカラです。何もかも枯れてしまいそうでした。ありがたい雨ですが、大雨で災害が起こる危険もあるようです。みなさんもお気をつけください。


さて、10日ほど前のある朝のこと、ピンポーンと玄関チャイムが鳴りました。出ると、我が家の隣にある小さな柿畑の持ち主さんでした。
何事かと思ったら、柿畑の端っこから水が出ているということでした。一緒に見に行くと、畑の隅にもぐらの穴のような小さな穴が開いていて、そこから水がちょろちょろと流れ出ています。そしてその周辺は水浸し。

実は我が家の庭も一部、常にジメジメしていて水がなかなか引かないところがありました。柿畑のすぐそばです。
柿畑の持ち主さんは、「この畑から出てきた水が庭の方へ浸み出ているんじゃないか。悪いね。」と申し訳なさそう。そして「水が出ているところに溝を掘って、道路脇に通っているU字溝へ流れるようにする」ということでした。
持ち主さんが家に帰って、おじいさんに水のことを話したら、その辺には水道管が通っているのでやたらに掘らないほうがいいと言われたそうです。持ち主さんが役場の水道課に連絡をして検査をしたら、それは見事に水道水だということがわかり、すぐに補修工事をして水は止まりました。さすがおじいさんですね。

これで我が家の庭のジメジメも解消すると喜んでいたら、いつまで経っても水は引けません。それどころか水が増えているような感じさえします。以前、このジメジメしたところに木の枝をたくさん敷き詰めてしまったので、地面がどうなっているのかわかりません。
休みの日、夫と二人で水浸しになっている周辺の草刈りをして、敷き詰めてある枝を全てどかしてみることにしました。

草はぼうぼうだし、チクチクくっつく草の種があるし、湿地帯のようになっていてグチャグチャだし、枝がたっぷり敷いてあるのでどかすのがとにかく大変でした。大きなフトミミズが出てきたり(→かめのエサ)、イモリがいたり(→かめ池へ引っ越し)、トノサマガエルが遊びに来たり、水があると面白いですね。
そしてようやく地面が見えてくると、地面から水がこんこんと湧き出ているところを発見しました。かなりの量で澄んでいてキレイな水です。
土曜日だったので、とりあえず泥で小さな堰を作り、水が庭中に広がらないようにしておきました。

これが湧き水だったらいいねー、そしたらここ掘って池作って、小川を作って沢まで流れるようにして、かめを庭で放し飼いにできるかもしれないねー、なんて、夫と夢を話し合って楽しみました。水道管が通っている真上ですから、絶対にそれは有り得ないんですけどね。

月曜日になって、役場に連絡をするとすぐに水道課の人が見に来てくれました。検査をしたのですが、塩素反応がほとんど出ません。え、まさか湧き水?(喜)と思ったのですが、少しだけ塩素反応が出ているし、もう10日間も雨が降っていないのにこんなに水が出るわけがない、ということで、水道の設備屋さんが来て補修工事に入りました。
重機が入れないところなので、設備屋さんは全て手作業。滝のように汗をかきながらひたすら掘っています。最高気温が30℃以上になった日です。お疲れさまです。でも我が家の庭は木陰なので、炎天下よりずっと涼しいんですよ。

IMGP7119_サイズ変更 IMGP7144_サイズ変更
(左)上の丸いところと左下から水が湧き出ています。(右)ちょっとわかりにくいですが、やっと出てきた水道管。

水道管は思ったよりもずっと深いところ(1mくらい?)に埋まっていました。その水道管から「シューーー!」という音を立てて勢いよく水が噴き出していました。30分ほど断水して工事はあっと言う間に終了。
水道管の周りには砂を入れ、その上に土を入れて、キレイに埋め戻してありました。漏水の原因は管の老朽化とか、ごく稀に鋭利な小石などが擦れて穴が開くとか、はっきりわからないそうです。

そんなわけで、我が家の庭のジメジメは解消されました。本格的な梅雨に入る前で本当に良かったです。今回補修した箇所は役場が管轄するところだったのでお金もかかりませんでした。ほっ。これが水道のメーターボックスから家へのラインだったら我が家の負担になるところです。
今までなんでもなかったところがジメジメしてきたら、水道管の漏水を疑ってみたほうがいいですね。

水問題は解決しましたが、湧き水じゃなかったことは本当に残念です。我が家のかめは、最近すっかり慣れたカメハウスで、自由にのんびり過ごしています。

IMGP7156_サイズ変更
無事、埋め戻された庭。

IMGP7148_サイズ変更
かめ池でくつろぐかめ。左手一歩前がポイントです。警戒心が強いので、これ以上近付くと素早く水の中へ逃げてしまいます。


関連記事
  • [No Tag]

父の日には本を贈る

IMGP6911_サイズ変更
畑に咲いたネギの花。ネギボウズは天ぷらにすると美味しいですよね。(2017年5月)

IMGP6969_サイズ変更
こちらは人参の花。冬を越えてとても大きくなりました。(2017年6月)


昨日は父の日でしたね。いつも何を贈るか悩むのですが、今年のプレゼントはずいぶん前からあっさりと決まっていました。魚獲りが好きな義父のために、「淡水魚の図鑑」です。ネットで見たり、図書館で借りてきて見て、「くらべてわかる淡水魚」(山と渓谷社)にしました。
本を受け取った義父から、夫のところにお礼の電話がきました。「ミヤコタナゴが出てなかったな」と言っていたそうです。
ミヤコタナゴというのは関東の池や小川に生息する3~5cmのコイ科の魚です。数が激減していて、国の天然記念物に指定されています。
淡水魚上級者の義父には、掲載されている種類がちょっと少なくて物足りなかったかもしれません(笑)

それに加えてもう一冊、「なぜ、マーガリンは体に悪いのか?」(山田豊文著、健康人新書)というもの。
これも図書館で借りたものを読んで、なかなか興味深い内容だったので、夫が親にも読んでもらおうと言ってプレゼントに加えました。

IMGP7110_サイズ変更
今回贈った2冊。(画像は図書館で借りてきたもの)

何年も前から、マーガリンは体に悪いと言われていますが、いまだにスーパーにはたくさんの種類のマーガリンが並び、加工食品にも使われていますよね。菓子パンコーナーで堂々と「ジャムマーガリン」や「あんマーガリン」などと書かれているものを見るとちょっとクラッとします。もしかして学校の給食でも、まだマーガリンが出されているのでしょうか。

トランス脂肪酸は心臓や血管の病気、認知症への関与がわかっています。また、がん、うつ病、発達障害などにも影響しているのではないかと研究が進んでいるそうです。
世界的にはかなり規制されているのに、日本では「欧米に比べて摂取量が少ないので問題ない」という考えのもと、規制はされていません。以前、よく買っていたポルトガルのビスケットには「trans fat 0mg」という表示がありました。日本でも表示してほしいものです。

本ではマーガリンに含まれる「トランス脂肪酸」がいかに体に悪影響を及ぼすかということを主に書いているのですが、それだけではなく、添加物や精白された食品、環境ホルモン、インフルエンザワクチン、農薬、衣類の柔軟剤のことなどなどにも触れていて、読んでいるとぐったりしてくることのオンパレードです。
いつから衣類の洗剤や柔軟剤って、あんなに香りが強いものばかりになってしまったんでしょう。私は柔軟剤の香りが好きではないので昔から使っていません。最近では、洗濯せっけん(ウタマロ)をお湯で溶かしたものを洗濯に使っています。

食べ物に限らず、添加物の使われていないものを見つけることが難しいくらい、なんでもかんでも添加物だらけ。自己防衛にも限度がありますね。
こんなふうになってしまったのは、安くて手軽なものを求めた消費者にも責任がありますよね。私も安さばかりを求めていた頃がありました。反省です・・・

今では、買い物のときはちょっと高くても無添加のもの、原材料を見て出来るだけ添加物の少ないものを買うようにしています。


おまけ・・・りんご摘果中
IMGP7098_サイズ変更 IMGP7099_サイズ変更
たわわに実っているりんごを摘果して、、、

IMGP7100_サイズ変更
すっきりしましたー
りんごは無農薬で栽培するのが難しい果物です。無農薬りんご、食べてみたい。


関連記事
  • [No Tag]

夏用のスリッパ

IMGP7061_サイズ変更
果樹園へ行く途中に見える中央アルプス。見えているビニールハウスではさくらんぼを作っています。(2017年6月)

IMGP7073_サイズ変更
果樹園からは南アルプスもどーんと見えます。見えているのは荒川岳。(2017年6月)

IMGP7104_サイズ変更
果樹園から少し下ると伊那谷が見渡せます。お気に入りの場所です。(2017年6月)


最近はりんごの摘果をするため果樹園に通っています。高台にあるりんご園からは中央アルプスが良く見えて、天気が良い日はとても気持ちがいいです。
梅雨入りしたというのに、このあたりでは全く雨が降りません。畑がカラカラで先日植えた野菜の苗も元気がありません。この先もしばらく雨はなさそう。がんばってー。


夫の夏用スリッパがダメになってしまったため新しく作りました。冬用のスリッパを作ったときの布が余っていたのでそれを使いました。
いらない紙(もらってきたフリーペーパー)で型紙を作り、テープで貼って大きさを確認してから作りましたが、ちょっと大きめになってしまいました。「小さいよりいい」と言って夫は履いています。

底は厚い布に接着芯を貼り、さらにキルティングの布(いらなくなった座布団カバー)を2枚挟みました。甲の部分にも接着芯を貼ってあります。布を裁断してミシンでガーッと縫ってしまうので、あっという間に出来上がりです。

なかなかいい感じなので、自分用にも作りました。はぎれを使って、左右別にして遊んでみました。自分用のものはサイズがピッタリ。快適です。

私は夏には手作りの布ぞうりを裸足で履いているのですが、春や秋の肌寒い日は靴下を履くこともあります。そんなときこのスリッパがちょうどいいです。
お客さん用にも作ろうかな、とか、軽くて柔らかいので携帯用にしたり非常用持出し袋に入れておくのもいいなと思いました。もしものときに避難所で活躍してくれるかもしれませんね。

IMGP6913_サイズ変更
出来上がった夏用スリッパ。履き心地が軽くて気持ちいいです。

IMGP6901_サイズ変更 IMGP6914_サイズ変更
(左)夫用。(右)私用。

IMGP7107_サイズ変更 IMGP7109_サイズ変更
(左)型紙はこんな感じ。自分の足に合わせて作成。(右)最近作ったアクリルたわし。余り毛糸を使って、かぎ針の練習のつもりでいくつか作ってみました。

関連記事
  • [No Tag]

自家製しょうゆの初搾り

IMGP6987_サイズ変更
果樹園からの帰り道。空と雲がとってもキレイでした。こんなところに住んで働けることに幸せを感じています。(2017年6月)


初めておしょうゆを作ったのは去年の3月末でした。そりゃあもう大変で、あたふたしながら仕込みました。
初めて作ったときは、こうじを発酵させているときの温度が高くなりすぎて納豆菌まで繁殖してしまいました。二回目に作ったときは、段取りやコツが分かって上々の出来でした。

その仕込みから1年以上経ったので、満を持して(大袈裟)、初めて自家製しょうゆを搾ってみました。
どうやって搾ろうかと考えた末、ボウルの上に裏ごし器を載せ、さらしで作った袋の中にしょうゆを入れ袋をたたんで、上に重しを載せました。ぽたりぽたりと溜まっていきます。おしょうゆのいい香り。色も悪くない。よしよし。

IMGP6943_サイズ変更 IMGP6944_サイズ変更
おしょうゆ搾り中。


その状態で一晩置いて、出来たのが生しょうゆです。生しょうゆのままだとさらに発酵が進んでしまうため、火入れという作業を行わなくてはいけないのですが、この生しょうゆで是非とも食べたいものがありました。

それは自家製豆腐と生卵ごはん。
いつもの調子でおしょうゆをかけたら、、、、ちょっとしょっぱい。自家製しょうゆは塩分が強すぎたようです。でも、ちゃんとおしょうゆになっていることに感動。

IMGP6954_サイズ変更
自家製豆腐と生卵。豆腐の左にあるのは豆腐作りのときにできた湯葉です。卵は足利の力丸くん。味が濃くてとっても美味しいんですよ。ごはんは三分突き。お味噌汁の味噌も自家製ですね。なんだか嬉しい。


その後、生しょうゆに火入れをしました。(小鍋で加熱。75~80℃で10分)
火入れをするのは、これ以上の発酵を止め長く保存できるようにするためです。それだけでなく色と香りも良くなります。
火にかけたまま75~80℃を保つのは難しかったので、80℃になったら火から下ろし、温度が下がってきたらまた火にかけ、というのを繰り返しました。生しょうゆに火が入ると、とても香ばしくて良い香りがしてきました。この匂いでごはん一杯いけそうな感じ(笑)

出来上がったおしょうゆは醤油差しに入れて、普段の料理に使っています。本当は火入れしたあと澱が沈殿するので、数日置いて上澄みだけを使ったほうがいいようです。
初めて食べたとき「しょっぱすぎる」と感じたおしょうゆですが、火入れしたあとは普通になった気がします。(慣れただけかも?)このおしょうゆを煮物や炒め物に使うととっても美味しくて驚きました。これだけで味が決まるという感じです。
搾ったあとの搾りかす(もろみ)も美味しいと聞くけれど、どうやって食べるのかよくわからず。

今回搾ったのは、初めて作ったもののうちの納豆菌が繁殖しなかったもの。これがなくなったら、納豆菌が繁殖してしまったものを搾る予定です。どんなふうになってるのか、楽しみでもあり不安でもあり・・・
おしょうゆ作りは大変ですが、これからも地道に続けていきます。おしょうゆの原料の大豆・小麦を自給できるようになるのがこれからの目標ですね。

おまけ
今回作ったおしょうゆのお値段(税込み)
大豆・・・約700円(北海道産100g100円くらいのもの)
玄麦・・・約430円(石川県産有機小麦1kg617円)
こうじ菌・・・約100円(しょうゆ用種こうじ20g409円)
塩・・・約146円(あら塩1kg265円)
合計金額は驚きの1376円でした。まだ半分しか搾っていないのですが、これで出来る量は1.5リットルくらいの予定です。普段買っているのは1リットル200円くらいのもの(安いけどちゃんと丸大豆しょうゆ)ですから、かなり高級なおしょうゆになりますね。国産原料で無添加ですから安いほうかもしれませんけど。

IMGP6940_サイズ変更 IMGP6975_サイズ変更
(左)今回搾ったおしょうゆ。2016年3月に仕込んだもの。(右)今年作ったおしょうゆ。右は1月、左は3月に仕込んだものです。

IMGP6867_サイズ変更
畑で咲いていた小麦の花。(2017年5月18日)


関連記事
  • [No Tag]

お弁当

IMGP6902_サイズ変更
初夏の中央アルプス。いつもより雪が残っています。(2017年5月27日)


ホトトギスが「テッペンカケタカー!」と盛んに鳴いています。そういう季節になりました。
ホトトギスは初夏に南アジアから日本へやってくる渡り鳥で、カッコーと同じく托卵することで有名です。主にウグイスに托卵するんだそうですね。暑い国から日本へ避暑にきて子育ては他の鳥に任せてしまう、というちゃっかりした鳥です。近所ではウグイスの鳴き声もよく聞こえるので、ちょっと気の毒になってしまいます。


近くの果樹園で作業の日は、お昼休みに家へ帰って昼食をとりますが、隣町のハウスで作業の日はお弁当を持って行きます。
お弁当は毎日簡単な「のり弁」が多いです(笑) おかずいる?と夫に訊くと、「ごはんだけでいい」と言うのでそれに甘えています。

いろいろなブログを見ると、みなさんちゃんと愛妻弁当を作っていて、毎日すごいなぁ、と感心しています。ここにコメントをくれる沙羅.さんおさるさんもよくお弁当をアップしています。美味しそうなお弁当、私にも作って欲しい(笑)

思えば、誰かが自分のために作ってくれたお弁当を食べることなんて、すっかりなくなりました。最後はたぶん、中学生のとき母親が作ってくれたお弁当でしょうね。
母のお弁当の定番は、しょっぱい厚焼き玉子、鶏のからあげ、ポテトフライ、キュウリにハムを巻いたものでした。イシイやマルシンのハンバーグもよく入っていました。懐かしいなぁ。
おにぎりには鮭や梅干が入った大きめのもので、全面にのりが巻いてあります。
仕事で忙しかった母が作るお弁当の見た目はパッとしませんでした。(子供のころ、厚焼き玉子と言えばしょっぱいものだと思っていて、お寿司屋さんの甘~い玉子焼きは苦手でした。今は好き。)

ちょっとお洒落な子のお弁当は彩りがキレイで、ごはんはふりかけや混ぜごはんでカラフルな一口サイズのかわいいおにぎりになっていました。可愛らしいお弁当に憧れる気持ちもありましたが、母のお弁当は美味しかったので大満足でした。

高校生になってからは、お弁当は自分で作っていたので、母のお弁当を食べることはなくなりました。作ると言っても前の晩の残りとか冷凍食品をチンして詰めることが多かったですけど、たまにレシピ本を参考にして作るのも楽しかったです。
兄は母にお弁当を作ってもらっていましたが、やっぱり「おかずはいらない」と言っていたので、お弁当箱にごはんをどーんと詰めて、その上にウィンナーや卵を焼いたものをどかっと載せてありました。それはそれで美味しそう。

結婚したばかりのころ、夫は当時サラリーマンでお昼ごはんは社員食堂で食べていました。私が「お弁当を作ろうか」と言ったら、「社食で温かいごはんを食べるほうがいい」との返事。社食では200円程度で日替わりの定食が食べられたそうです。私も働いていて、お昼は会社で頼んでくれる給食センターのお弁当を食べていました。やっぱり200円くらいでした。お弁当作りをしなくていいとわかりホッとしたものの、ちょっと残念な気もしました。

たまにはお弁当を持ってピクニックへ出かけたら楽しいでしょうね。緑に覆われた庭を眺めて、お弁当食べながらワインでもいいなぁ。次の休みに計画してみようかな。そろそろ蚊が出てくるので、そんな優雅なこと無理かもしれませんが。

今日で5月が終わりですね。なんだか今月は長く感じました。月の初め、連休中に知人が泊まりに来ていたり、先々週は私の実家へ帰ったりしていたので、今月は出費が多いです。そして来月は車検、、、、車のない生活ができたらいいんですけど。


IMGP6766_サイズ変更 IMGP6934_サイズ変更
(左)最近の定番。全面のり弁。鮭フレークやこんぶの佃煮をはさんであります。(右)だしをとった後の削り節をふりかけにしたもの。ごはんは玄米です。

IMGP0407_サイズ変更 IMGP0409_サイズ変更
ポーランドの知人が遊びに来たときに作ったお弁当。鮭バタごはんのおむすび、いなりずし、厚焼き玉子、大学イモ。彩りとか栄養バランスとか全く考えてないですね(笑) 村の絶景スポット、陣馬形山の山頂で食べました。

関連記事
  • [No Tag]

Menu

Entry

  • └全タイトルを表示

Trackback

Profile

おにし
[author]
おにし
[profile]
1974年、栃木県足利市生まれ。26歳で登山を始め、2006年結婚。2008年伊那谷へ移住。2009年から世界一周旅行に出発。2013年伊那谷へ戻り、庭で野菜を作りながら節約生活中。