小さな菜園のある暮らし

夫婦で南信州に移住。山登ったり、自転車乗ったり、野菜作ったりしています。

Entries

春は天ぷら

IMGP8914_サイズ変更
ちょっと見づらいのですが、今年初の「かめ」です。笑 (2018年4月12日)

かめが起きましたーーー。先日、カメ池のボードの上に出て日光浴する姿を目撃しましたよ。近付くと多分逃げてしまうので、和室の窓から双眼鏡でかめを確認しました。既に夫がかめの姿を目撃していたので、無事冬眠から覚めて生きていることはわかっていたのですが、私はかめの姿を見るのは今年初めて。なんだか感動しますね。生き物ってすごいです。かめは何事もなかったように、首を伸ばして甲羅干し。遠目に見た感じでは特に変化は無い様子。ちょっと甲羅が黒くなったかな。

ケロたちはとっくに起きていて、ホースの中に小さなケロが潜んでいます。水を出すとケロが一緒に飛び出してくるのでビックリします。夫が水を出したときは2匹も飛び出してきたそうな。可哀相なので外の水道はなるべく使わないようにしています。笑
朝、まだ薄暗いうちから様々な鳥の鳴き声がして、そのうちケロたちも鳴いて、春はにぎやかです。いい季節ですね。

毎年この季節には書いているような気がしますが、春の我が家の定番は野草の天ぷら。
庭に出ると食材があちこちに生えています。いい季節ですよね。冬の間は根菜や乾物ばかり食べていたので、緑の新鮮な葉っぱが嬉しいです。

先陣を切るのは「ふきのとう」です。いつもお世話になっている人の梨畑の隅っこにたくさん芽を出しているのをもらってきます。天ぷらだけじゃなくふきみそにもします。ごはんにのせて食べますが、パンにつけたらこれもなかなかいけました。
隣の藪にタラの木が数本生えているので、その芽もいただきます。それから庭のヨモギとタンポポ、カラスノエンドウ。
シャクとミツバはまだちょっと小さすぎるので次回のお楽しみ。

天ぷらにすると大概のものは美味しくいただけますね。天ぷらって素晴らしい調理法ですよね。笑 米油でサクッと揚げると、おかずというよりスナックという感じ。塩をちょことつけるといくらでも食べられそうで危険です。
次はタケノコですね。自然の恵みに感謝です。

IMGP8833_サイズ変更 IMGP8971_サイズ変更
(左)ポコポコと顔を出すふきのとう。今年は早かったです。(2018年3月24日)
(右)大きくなりすぎちゃったけどタラの芽。(2018年4月16日)

IMGP8973_サイズ変更 IMGP8975_サイズ変更
(左)葉っぱの天ぷら山盛りです。笑 (右)カラスノエンドウ、クセがなくてやわらかくて美味しかったです。でも私が一番好きなのはヨモギですね。

IMGP8964_サイズ変更
庭で摘んだミントを飾った豆乳チョコクリームのタルトです。チョコとミントが合います。

関連記事
スポンサーサイト
  • [No Tag]

我が家の不具合いろいろ

IMGP8859_サイズ変更
満開の桜です。今年は咲くのが早かったです。(2018年3月31日)

IMGP8856_サイズ変更
図書館へ行く途中の道端に咲いてました。コブシ?(2018年3月30日)


春ですね。庭の緑が多くなり、花もいろいろ咲いていますよ。
そして、数日前の暖かい日、かめが起きていたらしいんです!!!夫が目撃して私は見ていないのですが、カメ池の石の上に出ていたようなんですよ。この冬は雪は少なかったものの冷え込みは厳しくて、初めて外で冬眠するかめが心配でたまりませんでした。
かめ、生きてましたよ、良かった・・・。生き物って本当にすごいですよね。あんな小さなかめがちゃんと冬眠するんですから。6ヶ月も冬眠してるんですよ。

仕事はぼちぼちやっています。最近はジビエの仕事が多いです。山より早く春が訪れる里に餌を求めて下りてくる鹿が多いようですね。春の鹿は痩せています。寒く辛い冬を乗り越え狩猟期を生き延びて暖かい春を迎えたというのに、罠にかかってしまう鹿を気の毒に思ってしまいます。2才くらいの小さな鹿が多いような気がします。経験不足や注意不足で掴まってしまうのかな。そんな鹿たちを無駄にしないように、丁寧に解体・精肉の作業をしています。

さて、このところ我が家では不具合が連続しています。
まず、ラジオを聞くためにリビングに置いていたオーディオのスピーカーが壊れてしまいました。その前に置いていたオーディオもスピーカーが壊れてしまったんです。なぜここに置くと必ず壊れるの???スピーカーがおかしいだけで本体は問題ないので、これ以上壊れないように2階へ引き上げました。そしてホームセンターで安いCDラジオ(3980円)を買ってきてリビングに置いています。同じところに置いてまた壊れると嫌なので置き場所を変えました。とりあえず問題なく使えています。ふう。

そして、我が家で10年以上使ってきたイワタニのカセットコンロが遂に使えなくなってしまいました。一応火は点くのですが、シュボッシュボッという音がして消えてしまいます。直せないか挑戦してみましたが、分解できるところがほとんどないのでお手上げです。これだけ長く使ってきたのだからさすがに寿命でしょう。お疲れさまでした、というわけで新しいものを買いました。今回もイワタニです。

この10年でカセットコンロも進化してるんですね。それもかなりの進化です。まず見た目からしてすっきりしてますもんね。表面の凸凹が少なくなったので手入れがしやすそうです。しかもフッ素加工ですよ。使っているときの音がすっごく静かなんですねぇ。点けていることを忘れてしまいそうで危ないですよ。一番嬉しいのは内炎式バーナーなので2.9kWで3.5kW相当のパワーだということ。ガスの消費量を16%カットしてくれるそうですよ。素晴らしい。さすがイワタニ。3980円でしたけど、すぐに元が取れるでしょう。笑

そしてこれが一番困ったこと。数日前から台所の水道の調子が非常~に悪くなってしまいました。シングルレバーの混合栓なのですが、このレバーが非常に渋く重くなってしまったんです。水を出すたび止めるたびに「ギーーー」という不快な音をたて、かなり力を入れないと上げ下げができなくなりました。水量の微調整もできません。
ホームセンターへ行ったとき混合栓の値段を下見。一番安くて12000円くらい。カートリッジだけでも売られていて、それは7000円くらい。うーむ、結構するなぁ・・・・

休みの日、夫が見てくれました。シンク下から覗いてみると、混合栓を外すには手が届かないところに金具があるので、専用の工具がないと無理です。上部を分解してみたものの、どこがどう悪いのかわからない。水アカでかなり汚れていたので、それをキレイにして組み直してみたら、あれ?普通にレバーが動くようになったね。おお、快適快適!新品みたい。(←言い過ぎ。)
どうやら水アカが詰まって不具合を起こしていたらしいと分かりました。カートリッジを固定しているボルトを締めすぎるとレバーが固くなってしまうということも判明し、これからは年一回くらいは掃除しなきゃダメだね、という結論になりました。ああ、良かったーーー

夫(こだわるタイプ)にこういう作業をお願いすると、徹底的に原因を追究し粘り強く丁寧に仕事してくれます。ガレージや家の雨漏りのときもその性質を存分に発揮して解決してくれたし、自転車の整備もそうですね。笑 ありがたいです。私は大雑把でずぼらなので無理。私が手伝おうとすると「壊れると困るから触らないで」と言われてしまいますよ。笑
それにしても、小さくても何か不具合が起こると憂鬱になるしストレス溜まりますよね。とりあえず今は(お金はかかったけど)一通り解決してよかったです。

IMGP8878_サイズ変更 IMGP8898_サイズ変更
(左)新しいカセットコンロ。とっても使いやすい。(右)今まで頑張ってくれたカセットコンロ。

IMGP8890_サイズ変更 IMGP8891_サイズ変更
(左)台所の水道はこんな感じ。(右)ここまでばらせました。

おまけ
IMGP6557_サイズ変更
去年(2017年4月)、起きたばかりのかめ。 注;キャベツは食べません。


関連記事
  • [No Tag]

セーターのリメイク

IMGP8802_サイズ変更
庭のエサ台にりんごを置いておくとヒヨドリが食べにやってきます。(2018年3月)

IMGP8803_サイズ変更
「完熟りんご、うまっ」・・・・・一度だけカケスが来ているのを見ましたが、その後はヒヨドリ一羽だけ。


こちら南信州はもうすぐ梅が満開です。暖かくなりましたね。
葉っぱの先が黄色くなっていた畑の麦は、元気に伸び始めました。

夫が何年も着ていなかったセーターをクローゼットから引っぱり出してきたら、虫に食われて穴が開いていました。穴を塞げば大丈夫かと思ったのですが、見ると何ヶ所も食われていたので諦めることにしました。
柔らかい毛100%のいいセーターです。夫、ブランドとかには拘りがないけれど、モノを選ぶときは質のいいものを選んでいました。(独身時代は)

勿体ないので、丁寧にほどいて編みなおすことにしました。ちゃんと編みこんであるのでほどくのが大変でした。丸一日かかってしまいました。脇の下の擦れる部分は毛糸が薄くなっていてプツプツ切れてしまいましたが、出来上がった毛糸だまの山に大満足です。さて何を編もうかなーとワクワク。

とりあえず、前から欲しいと思っていたシンプルなベストを編むことにしました。春には間に合わないので今年の秋には着られるといいな。毛糸が余ったら、腹巻きと靴下も編みたい。上手にできるかな。


IMGP8762_サイズ変更 IMGP8763_サイズ変更
この編み込みのところがほどくの大変・・・・

IMGP8768_サイズ変更 IMGP8792_サイズ変更
出来上がった毛糸の山。とりあえずベストを編んでみることにしました。


関連記事
  • [No Tag]

誕生日

IMGP8757_サイズ変更
近所で咲いていた福寿草。あちこちに春の兆しを感じるようになりました。(2018年3月)


3月6日は私の誕生日でした。44歳になりました。手作りのケーキでささやかにお祝いしましたよ。
仕事がなかったので家でのんびり過ごしてました。仕事は先月末からぼちぼち始まってます。今は主にハウスでの仕事。花の苗を作っています。農家のお手伝いをするようになって4年目。ハウスで苗を植える作業をしながら、今年も始まったなぁ、としみじみ思いました。基本的に毎年同じ時季に同じ作業をして一年が過ぎていきます。季節を感じながら、一年のリズムがあるってなかなか心地のいいものです。果樹園の仕事は今月下旬くらいから始まるかな。早く、ぽかぽかの日差しの下でお仕事がしたいです。

私の誕生日だからというわけではなかったのですが(笑)、夫の実家から荷物が届きました。春の使者「うど」を送ってきてくれたんです。嬉しいなぁ。天ぷらにしようと思ったけど、ちょうど米油を切らしていたので、きんぴらと柚子味噌和えにしてみました。美味しいなぁ。春の味ですね、幸せです。昨日米油が届いたので今日のお昼に天ぷらにしようと思ってます。

我が家では夫婦で誕生日プレゼントのやりとりはしてないのですが、今年はちょっとしたプレゼントがありました。
それは「折りたたみの自転車」!別に誕生日を意識して購入したわけじゃないんですよ。でもタイミング的にプレゼントだと思うことにしました(笑) 詳しくはこちらを見てくださいね。→ ドッペルギャンガーという自転車

夫がこつこつと部品を換えて、先日とりあえず完成(まだ完璧ではない)したので試走してきました。タイヤの径が小さい自転車って初めてですけど、なかなか気持ちのいい走りをしてくれました。坂道も思ったよりスイスイ上れます。
折りたためるので船や飛行機に気楽に積んで出かけることが出来るようになりました。これで旅をする日が楽しみです。


IMGP8764_サイズ変更
今年はちょっと贅沢にブランデーケーキを焼いてみました。後ろにあるのは定番の「チョコビス」。ちょっと不恰好ですね。笑

IMGP8756_サイズ変更
ドッペルギャンガー試し乗り。なかなか快適な乗り心地でした。


関連記事
  • [No Tag]

今年初の米こうじ作りは、、、失敗。

IMGP8733_サイズ変更
甘酒で作った蒸しパンとビスケット。どちらも自然な甘さで美味しい。


早いものでもう2月の下旬。もう寒さの底は過ぎたようですね。近くの梅のつぼみが随分とふくらんできました。

味噌を仕込もうと思い、まずは米こうじ作りから始めました。作り方はいつもの通りで、米は七分づきです。そしたらねぇ、なんだか変なんですよ。いつも通りにやったんですけど、米がべちゃっとして粒が崩れて「もち」のようになってしまいました。
でも、香りは良くて米こうじの美味しそうな匂いがします。味見してみたらとても甘くてお湯いれたらそのまま甘酒になりそうでしたが、これで味噌を作るわけにはいかないと思い、結局甘酒を作りました。

これまで何度も米こうじを作ってきて、こんな風になるのは初めてでした。失敗した原因は、蒸す前の水切り不足ではないかと思われます。今回は蒸し上がった米がちょっとベタッとしていましたから。
本当は米こうじに適した米は「ササニシキ」や「あきたこまち」のようなサラッとしたお米です。我が家のは「コシヒカリ」ですから、どうしても粘りが出てしまいます。三分づきや玄米で作るほうがいいのかもしれません。

甘酒は炊飯器でつくりました。普通に出来上がりましたよ。雑穀入りのごはんで作ったのでほんのりと色が着いて美味しそうです。甘酒は冷凍しておき、必要な分だけ解凍して使っています。
その甘酒で、ビスケットや蒸しパンを作りました。優しい甘さなのが嬉しい。

水に浸して戻してあった大豆は、とりあえず豆乳とおからにしました。そして初めて「湯葉」を作ってみましたよ。湯葉作りは時間がかかるけどすごく簡単なんですね。
鍋に入れた豆乳を沸騰直前まで温めて、ごく弱火にかけておくと表面に膜ができてきます。それを箸でそっと掬うだけ。豆乳がある限り永遠に作れる感じ?たくさん出来てたくさん食べました。また時間があるときに作ろうと思います。

オリンピックが楽しくて、ついつい見てしまいます。そんなわけでちょっと寝不足気味。今夜の女子パシュートが楽しみです。

IMGP8722_サイズ変更 IMGP8724_サイズ変更
(左)べちゃっとしてしまったこうじ。(右)甘酒になりました。

IMGP8728_サイズ変更 IMGP8730_サイズ変更
初めての湯葉作り。出来たては美味しいですね~


関連記事
  • [No Tag]

サングラスケース

IMGP8703_サイズ変更
柔らかい朝日が当たった山がキレイでした。左の奥のほうに見えているは恵那山。雪が積もりましたね。(2018年1月)


ここ数日、冷え込んでいます。朝の気温-8~9℃くらい。昨日はマイナス10℃まで下がりました。朝はまあいいとして、昼間日が出ても氷点下だったり、せいぜい2℃くらいなので、そんな日は一日中ストーブつけっぱなしです。

夫が100均で買ったサングラスケースが良さそうだったので、はんぱ布で似たようなのを作ってみました。手作りは自分の好きな布や形が選べるのがいいところですよね。今回は布が厚くなってしまうのでミシンが大活躍。
パーツが少なくて簡単なのですが、バイアステープを縫ったりボタンを付けたりの細かい作業に結構時間がかかってしまいました。これ、材料代はほとんどかかっていないけど、作業時間を考えたら100円で売るなんてとても無理。100円ショップってすごいですよねぇ。どうなってるんだろ。(もちろん中国製ですが。)

昔から何でも手作りしてみるのが好きだったので楽しんでやってますけど、自分で作るより安くて質のいいものは悩まず買ってます。笑
時間があるので、あれもこれも作りたいという気持ちはあるものの、寒くてやる気が起きませんね。でも今日は寒さが緩むようなので、ちょっとは動く気になるかな。

さて大相撲初場所。栃ノ心おめでとうーーー!平幕とはいえ前頭三枚目だから三役以上ともれなく対戦しているわけで、完璧な優勝ですよね。栃ノ心のおかげで今場所は盛り上がりました。なんといっても、気迫のこもった取組はどれも見ごたえありました。今日で終わりですね。淋しいなぁ。

それから、今年の大河ドラマ。なかなかいいですよね。始まるまでは大丈夫?と心配だったけど、今は毎週日曜日が楽しみ。ここ数年の大河はうーーんっていうのが多かったけど、今年は見応えありそうです。鈴木亮平さんもいいし、脇のベテラン陣もいい味出してますよね。若い人はみんな同じ顔に見えてしまうので(おばちゃん化現象)、もう少し回を重ねないと区別が怪しい。それにしても小柳ルミ子さんのお由羅、はまりすぎですね。笑


IMGP8661_サイズ変更 IMGP8666_サイズ変更
(左)パーツはこれだけ。表布と中布と裏布。あとバイアステープ。(右)完成品。

IMGP8662_サイズ変更 IMGP8665_サイズ変更
(左)上の黒いのが100円ショップのもの。(右)サングラスぴったり入りました。

IMGP8669_サイズ変更 IMGP8670_サイズ変更
去年作った通帳ケースとおくすり手帳ケース。細かくて面倒くさかったので、もう作らないと思います。笑


関連記事
  • [No Tag]

部屋の模様替え

IMGP8682_サイズ変更
模様替え後の我が家のリビング。テーブルって快適ですね。


実は、もう今ごろは旅に出ているはずだったのですが、諸事情によりまだ出発せずにいます。
思いがけず時間が出来たので、リビングの模様替えをしました。

これまでは床の上にラグを敷いて座布団に座る生活をしていましたが、農閑期で家にいることが多いと座っている時間が長くなり、なんだか膝や腰に負担がかかるなあと感じていました。

そんなわけで、2階に置いてあったテーブルを1階に下ろしてきました。このテーブルは夫が一人暮らししているときから使っているものです。長野に越してきてからしばらくはリビングに置いてあったのですが、リビングが狭く感じたので2階の書斎兼作業場に苦労して移動しました。このテーブル、結構重たいし階段の幅ギリギリなんです。苦労して2階へ上げた重いテーブルを、再びわっせわっせと下ろしてきました。
その苦労の甲斐あって、テーブル生活はとっても快適です。なんだか喫茶店にいるみたい。掃除も簡単になりました。もっと早くこうすれば良かったですね。

とはいえ、ずっと椅子に座っていると私は足がむくんじゃうんですよね。なのでリビングの半分はラグを敷いて、ゴロゴロスペースにしてあります。昼寝をしたり、座椅子にもたれて足を伸ばして読書をしたりできます。リビングのカーテンを開けて、外の景色を眺めながらぼーっとするのも気持ちがいいです。

昨日は午後から雪になったので、しんしんと降る雪を眺めながら、温かい部屋の中でのんびりしましたよ。ししゅうをしたり、読書をしたりしています。
冬は寒くて光熱費もかかってしまうけど、こんなふうにのんびり過ごせるのだから贅沢な季節だなぁと感じます。


IMGP8690_サイズ変更 IMGP8435_サイズ変更
(左)ゴロゴロスペース。(右)模様替えの前はこんな感じ。


関連記事
  • [No Tag]

りんご酵母でりんごのロールパン

IMGP8583_サイズ変更
りんごとクリームチーズ入りのロールパン。

IMGP8576_サイズ変更 IMGP8577_サイズ変更
パン生地を伸ばして、りんごとクリームチーズ、シナモンを散らして、くるくる巻いたら切って型に並べます。

IMGP8579_サイズ変更 IMGP8586_サイズ変更
(左)ボウルを被せて発酵中。(右)クリームチーズがいい仕事してます。

去年もらったりんごで酵母を起こし、りんごパンを作りました。秋に作った角切り煮りんごとクリームチーズ、シナモンを入れて。アップルリングにしようと思ったんですが、ちぎりパンになりました。

りんごはいつもサイダーみたいにシュワシュワと元気な酵母が出来るんですけど、今回のはちょっと控えめな感じ。気温が低くなってから作ったからかな。りんご酵母だとりんごの甘い香りがして、何も入れなくても美味しそうです。


IMGP8656_サイズ変更 IMGP8642_サイズ変更
左は黒ごま入りとゆずのハチミツ漬け入りの二種類。どちらも丸くてコロンとした可愛い焼き上がりになりました。
右はその前に焼いたプレーンなパン。こちらはペタッとしてしまいました。同じ酵母を使っても、気温や湿度、粉の配合で、焼き上がりに随分と差が出て難しいですよね。自家製酵母のパン屋さんって、毎日同じように焼けるんだからスゴイなぁと思います。

年末にいただいた洋ナシ(ル・レクチェ)でも酵母を起こしてみたら、こちらは甘酸っぱい味と香りがしています。果物で作る酵母のいいところですね。
元種を作りすぎてしまったので、毎日せっせとパンを焼いては食べています。ちょっとパンには飽きてきました。笑

IMGP8657_サイズ変更 IMGP8658_サイズ変更
洋梨酵母で作った元種。なかなか元気。


関連記事
  • [No Tag]

中川村歴史散歩 石神の松

IMGP3469_サイズ変更
大きくて立派な石神の松。(2016年7月)

IMGP4078_サイズ変更
天竜川を見下ろす高台にあります。


我が家の近く、中川村石神というところに大きな松の木があります。石神の松と呼ばれているものです。うねうねと枝を伸ばし、ドームのように見えます。

この松の謂れは、「信州伊那七福神の寺」(桃澤匡行著)に載っていました。

元和(1615~1624年)のころ、厳しい修行の末に法力を体得した山伏が常泉寺に宿泊していたとき、激しい雨が二晩続き土砂崩れが起きました。寺は無事でしたが、田畑や家が呑み込まれ悲嘆する農民たちを哀れに思った山伏は水難除けの祈祷を始めました。満願になる21日目、山伏は倒れ息絶えました。そのとき山伏の右手に松の苗木が握られており、それが今の石神の松ということです。
近くには山伏が葬られた山伏塚があると地図に出ていたので行ってみると、確かに祠はあるのですが、特に山伏塚とは書かれていませんでした。
元和というと、大坂の陣のころになりますね。今から400年ほど前です。

IMGP3468_サイズ変更 IMGP3463_サイズ変更
うねうねと枝を伸ばす石神の松。

IMGP4079_サイズ変更 IMGP4082_サイズ変更
山伏塚?と思われるところ。石神の松の少し上にあります。(2016年7月)


常泉寺というのは、この松から東へ1kmも離れていないところにある曹洞宗のお寺です。元は下平にあったものが沖町に移り、のち火災にあって現在地に移りました。
本尊は釈迦牟尼如来、開山は正山宗覚大和尚、開基は片桐瑞雲公、開創は文明年間(室町時代1469~87年)とのこと。伊那七福神の一つである大黒天尊は第十八世の叩宗和尚が文政12年(1829年)幕府へ参内の折、江戸の日本橋で授かったといわれる木彫りの像です。
常泉寺は一度訪れたことがありますが、誰もいなくてひっそりとしていました。境内にある大銀杏は秋の黄葉が見事だそうです。近くに住んでるのに見たことないんですよね。笑

IMGP4105_サイズ変更
常泉寺の境内にある大銀杏。(2016年11月)

IMGP4102_サイズ変更 IMGP4103_サイズ変更
(左)常泉寺の境内より。中央アルプスがよく見えます。(右)以前は門前にあったという樹齢780年の杉?西山(中央アルプス)に住む天狗が飛んできては木の上で休んだという伝説があるそうです。昭和57年に枯死し伐倒されたとのこと。


関連記事
  • [No Tag]

我が家のまんバリエーション

IMGP8536_サイズ変更
蒸し上がったチョコまん。


甘いものが好きなので、ほぼ毎日おやつを食べています。これをやめれば体重が落ちるんでしょうけどねー・・・、作るのも食べるのも好きなのでやめられません。笑
寒い季節は温かいおやつが多くなります。中でも好きなのは「まん」シリーズ。
甘い系だとあんまん、チョコまん。しょっぱい系だとピザまん、じゃがバタまんが定番ですね。

IMGP8523_サイズ変更 IMGP8566_サイズ変更
(左)チョコまん。生地にココアを混ぜてあります。コーヒーでも美味しいですよ。(右)くるみあん入り。

あんまんは市販のあんこに黒ゴマで作ったペーストを混ぜた「ごまあん」を入れます。くるみのペーストで作った「くるみあん」も濃厚で美味しいです。チョコまんは市販の一口チョコを一個包むだけです。

IMGP8562_サイズ変更 IMGP8564_サイズ変更
(左)ピザまん。(右)ほくほくのじゃがバタまん。

ピザまんはトマトソースとピザ用チーズを入れます。多分、トマトケチャップにハム又はベーコン、ピザ用チーズでもいけるんじゃないかと思います。
じゃがバタまんは蒸して皮をむいたじゃがいもを適当に切って塩・コショウして、バターをちょこっと載せて包みます。
これは若い頃、サンクスというコンビニにあったまんで、私は大好きでよく食べていたのですが無くなってしまいました。

久しぶりに見た「金八先生」で、男子生徒が駄菓子屋さんだかタバコ屋さんのようなところの店先で中華まんを買うシーンがあって懐かしかったです。ああ子供のころ、確かにこんな感じで中華まんが売られていたなーと。当時は肉まん60円くらいでしたっけ?

スーパーで市販のまんも買ってきて食べることがあります。家で温めて食べるやつですね。
お気に入りは井村屋のまんシリーズ。私はカレーまんが好きです。夫はピザまん。紀文のまんもよく買ってます。肉まんとあんまんがあってどちらも美味しいですが、特にあんまんはごま入りで美味しい。

市販のものは手軽でいいですが、あんまり買ってばかりいると食費を圧迫するので、できるだけ手作りするようにしています。手作りの蒸したてまんは、ほっこりと幸せになれるおやつですね。寒い季節のお楽しみです。

参考までに、、、
〈我が家のまんの皮の材料〉12個分
中力粉 300g
砂糖 10g
塩 5g
油 10g
水 170~180ml
ドライイースト 小さじ1/2
・・・ホームベーカリーで1次発酵まで。その後分割して10分ベンチタイム、成形して2次発酵。10~12分蒸して完成。


IMGP8495_サイズ変更 IMGP8497_サイズ変更
去年採れたくるみを去年の暮れに片付けました。たっぷり30kgの米袋3袋分ありましたよ。これはさすがに食べ切れないかもしれませんね。どうしたものか。


関連記事
  • [No Tag]

Menu

Entry

  • └全タイトルを表示

Trackback

Profile

おにし
[author]
おにし
[profile]
1974年、栃木県足利市生まれ。26歳で登山を始め、2006年結婚。2008年伊那谷へ移住。2009年から世界一周旅行に出発。2013年伊那谷へ戻り、庭で野菜を作りながら節約生活中。